2015年05月01日

1658 歯科医師に求められるもの

歯科医師に求められること

日本歯科医師会の歯科医療に関する一般生活者意識調査によると 歯科医師が 国民から求められている2本柱は 1.治療技術が高いこと 2.治療費が低いことです

ただ 実際 患者が 歯科医師の治療技術の違いを 見極める能力があるわけではなく、あくまで比較により判断するにすぎません

患者でもわかる歯科医師の治療技術の違いとは 例えば 次のことだと思います

(歯科医師の治療行為そのものに関するもの)
・治療が痛くないこと
・治療期間が短いこと
・治療設備が整っていること


(歯科医師の説明、患者の選択に関するもの)
・治療、治療期間について説明があること
・最新の治療について情報提供すること
・保険診療と自由診療の違いについて説明があること
・保険診療と自由診療を選べること


(法令順守に関するもの→医療法施行規則1条の11対応)
・院内感染対策を行っていること
・医薬品の安全管理を行っていること
・医療機器の安全管理を行っていること


(そのほか治療技術に影響を与えるもの)
・診療室、待合室に気配りがあること
・予防、健診に力を入れていること
・歯科訪問診療を実施していること


(広告に関するもの)
・小児歯科、矯正歯科、口腔外科歯科など 歯科と組み合わせた名称を広告すること
・専門性資格※を広告すること(歯科医師○○学会認定○○専門歯科医など)

※専門性資格は平成19年厚労省告示108号によるもの
(学術団体として法人格を有する、会員数1000名以上などの要件を満たすもの)

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
メディオールHP http://medioal.net/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 21:19| 医療経営 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。