2014年05月08日

1465 成長企業に役立つ決算書の見方(2)

成長企業の決算指標として有効なのは 次の4つです
1)総資産対経常利益率=各決算期の経常利益÷総資産
2)自己資本比率=各決算期の純資産÷総資産
3)固定長期適合率=固定資産÷(固定負債+純資産)
4)売上高経常利益率=各決算期の経常利益÷売上高


過去との比較から 各指標が悪化していないか チェックしてください

1)総資産対経常利益率について
成長企業にとって 最も重要な指標です。過去の総資産経常利益率より 当期の総資産経常利益率が低下している場合 経営効率が落ちていることを意味します

2)自己資本比率について
財務の安全性を示す指標です。自己資本比率が低下している場合 金融機関等から資金調達され、長期的な
財務安全性が落ちていることを意味します

財務安全性が健全である目安は 30%以上です
 
3)固定長期適合率=固定資産÷(固定負債+純資産)
設備投資による財務リスクを示す指標です。固定比率が上昇している場合 設備投資が過大であり 投資回収力が低いこと を意味します


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
5月セミナーは 定員につき受付終了しました

吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
メディオールHP http://www.medioal.net/

posted by 川口市の医療専門税理士 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

1464 成長企業に役立つ決算書の見方(1)

成長企業は 事業拡大、事業転換、事業縮小の判断の連続です


判断の基準となる目安として
・総資産対経常利益率=経常利益÷総資産
・自己資本比率=純資産÷総資産
・固定長期適合比率=固定資産÷(固定負債+純資産)
・経常利益率=経常利益÷売上高

の4つの指標があります



経営判断が必要なとき 
最初に この4つをチェックして 現状を把握しておくのが 成長企業の落とし穴にはまらないコツだと思います


4つの指標の見方 

成長企業の決算書は 売上や利益ばかりに目が行きますが
増収や増益が 必ずしも 順風経営とは 限らない点に 注意が必要です
 
この4つの指標を 過去と比較して ○ か × かで 現状を判断できます


新たな事業投資、事業縮小や撤退の判断にも この4つの指標を用いて 
4つの指標が向上するなら 投資すべき
4つの指標が下落するなら 投資しない、縮小撤退する 目安になります


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
5/9 相続対策セミナー(川口)→5月9日.pdf
5/22採用対策セミナー(池袋)→5.22.pdf

吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
メディオールHP http://www.medioal.net/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

1065 中小会計要領と経営分析 12

12.債権と在庫を知る指標

債権管理・在庫管理は 経営管理の要

債権管理・在庫管理の目的

1. 売上債権の滞留化・不良化を防ぐ
2. 適正在庫を知る(過剰在庫を回避する)
3. 利益とキャッシュフロー(CF)のズレを なくす

効率的な債権管理・在庫管理を知る指標
1. 債権回収期間(日)=売掛金等÷売上高×365
2. 在庫回転期間(日)=商品等÷売上高×365
3. 運転資金=売掛金等+商品−買掛金等

※債権回収期間とは 売上から 入金までの期間
 在庫回転期間とは 仕入から 売上までの期間

債権回収期間のポイント
1. 受取手形取引が多いほど 債権回収期間が長くなる
2. 債権回収期間が長いほど 運転資金(借入)が必要
3. 債権回収期間を短くするのが 借入を増やさないコツ

在庫回転期間のポイント
1. 小口多頻度仕入は 在庫回転期間が短い
2. 大口一括仕入は 在庫回転期間は長い (しかし 大口仕入は 原価を抑えるメリットあり)
3. 在庫回転期間が長いほど 運転資金(借入)が必要
4. 在庫回転期間を短くするのが 借入を増やさないコツ


【編集後記】
効率性とは 小さい資本で 大きい利益を獲得すること を意味します。債権管理、在庫管理によって、管理ロスの少ない 経営を目指すのが 経営分析の目的です


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

1064 中小会計要領と経営分析 11

11.適正な人件費を知る指標

人件費管理は 人事評価・人事規程と 三位一体で行う

人件費管理の目的

1. 適正な人員数を知る
2. 利益と人件費のバランスを図る
3. 間接部門の人件費を増やさない

人件費管理に有効な指標
1. 労働生産性=粗利益/社員数
2. 労働分配率=人件費/粗利益
3. 社員1人あたり人件費=人件費/社員数

※粗利益=売上総利益等=売上−変動費
人件費=給与・賞与+社会保険料+退職引当金等
部門別・職能別に 適正な人件費を知るのが ポイント

労働生産性のポイント
1. 労働生産性とは 社員1人が 生みだす粗利益のこと
2. 労働生産性の向上は 適正な人員数&社員の付加価値向上を 意味する
3. 労働生産性の上昇率≧社員1人あたり人件費の上昇率を目指す  

労働分配率のポイント
1. 労働分配率とは 粗利益に占める人件費の割合のこと
2. 労働分配率の低下は 利益と人件費の適正バランスを意味する

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html



posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

1063 中小会計要領と経営分析 10

10.収益性を知る指標(2) 

変動損益計算書(変動PL)を経営に活かす
変動PLから得られる情報

1. 損益分岐点売上高(利益ゼロの時の売上高)の算定
2. 粗利益率・固定費の特徴(実績、予算、他社との違い)
3. 設備投資・事業投資の際の 目標売上高の算定

変動PLのひな形
1. 売上高
2. 変動費=仕入・外注・運賃・販売手数料等
3. 粗利益=売上高−変動費
4. 粗利益率=粗利益/売上高
5. 固定費=変動費以外の費用
6. 経常利益=粗利益−固定費

損益分岐点売上のポイント
1. 損益分岐点売上=固定費/粗利益率
2. 損益分岐点売上を下げるのが 経営課題の1つ
3. 損益分岐点売上を下げるには 「粗利益率を上げる(変動費を下げる)」「固定費を下げる」

設備投資・事業投資の目標売上高の算定方法
1. 目標売上高=(目標利益+固定費)/粗利益率
2. 目標利益=投資額+利益見込額
3. 固定費=投資による固定費増加・減価償却等
4. 借入をする場合 利益見込額に 返済額を考慮
5. 投資回収期間の算定が ポイント 


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304035-1.html 決算会計(1)

posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

1061 中小会計要領と経営分析 9

9.収益性・成長性を知る指標 

収益性向上のポイント
1. 粗利益率の向上
2. 固定費の削減

粗利益率の向上のため 売上総利益率を見る
1. 売上総利益率=売上総利益/売上高
2. 売上総利益を上げるには 「売価の値上げ」「仕入原価の削減」「在庫ロスの削減」「売上値引きの削減」が必要
3. 売上総利益率を 過去からの推移で見るのが ポイント

固定費削減のため 営業利益率を見る
1. 営業利益率=営業利益/売上高
2. 営業利益率を上げるには 「販売管理費の削減」が必要
3. 販売管理費の削減ポイントは 間接(=売上に直接貢献しない)人件費・外注費・委託費・広告費・家賃等
4. 特に 労働分配率(=人件費/売上総利益)を過去の推移で見るのが ポイント

※固定費の変動費化は コスト管理に有効
1. 固定費の変動費化(売上の増減に合わせて 固定費が変動する仕組み)は コスト管理上 有効
2. パート社員・人材派遣・外部専門業者の活用など

借入・投資等が多い場合 経常利益率を見る
1. 経常利益率=経常利益/売上高
2. 借入金利、投資利回りのチェックがポイント

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

1060 中小会計要領と経営分析 8

8.株主視点で投資利回りを知る指標 

ROA・FCFは 中堅企業(中堅企業を目指す中小企業も含む)が 早めに 意識すべき指標

ROA(総資産利益率=事業利益/総資産)のポイント

1. ROAは 資産が効率よく 利益増となっているか 示す
2. ROAを向上させるには 「(資産、負債)のスリム化」「営業利益の拡大」 が必要
3. ROAを重視すると 短期業績志向になるデメリットあり(将来収益のための 事業投資を回避しやすい)
4. ROAの 中期目標(5年) の設定が有効

ROE(純資産利益率=当期利益/純資産)のポイント
1. ROEは 株主資本が 効率よく 利益増となっているか示す(デメリットは ROAと同じ)
2. 外部株主が多い場合 特に ROEの向上が求められる

FCF(フリーキャッシュフロー)のポイント
1. FCF=営業CF(キャッシュフロー)+投資CF
2. FCFは 営業・投資により生み出したキャッシュ を示す
3. 株主にとって FCFが厚い会社は 配当可能原資が厚いことを 意味する
4. FCFの中から 固定資産売却収入など 臨時キャッシュフローを除いて 判断することが ポイント
5. 総資産・FCF比率(=FCF/総資産)の中期目標の設定が有効

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304035-1.html 決算会計(1)

posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

1059 中小会計要領と経営分析 7

7.異常値発見に役立つ財務指標 

定期的に財務指標を算出して、過去の推移と比較することが、異常値発見に役立つ。
主な財務指標は次の通り

株主視点で 投資利回り(効率性)を知る指標

1. ROE(純資産利益率=当期利益/純資産)
2. フリーキャッシュフロー(FCF=営業CF+投資CF)

収益性・成長性を知る指標
1. 売上総利益率=売上総利益/売上高
2. 経常利益率=経常利益/売上高
3. 前年比売上比率=当期売上高/前期売上高

財務安全性を知る指標
1. 自己資本比率=純資産/総資産
2. 流動比率=流動資産/流動負債
3. 固定長期適合率=固定資産/(固定負債+純資産)

資産の効率性を知る指標
1. 売上債権回収期間(日)=売掛金等÷売上高×365
2. 在庫回転期間(日)=商品等÷売上高×365
3. 運転資金=売掛金等+商品−買掛金等

経営資源の生産性を知る指標
1. 付加価値=粗利益(売上総利益など)
2. 労働分配率=人件費/粗利益

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

1058 中小会計要領と経営分析 6

6.決算書のあらまし(2) 

損益計算書・キャッシュフロー(CF)計算書は 区分ごとに把握するのがポイント

損益計算書の区分

1. 売上総利益=売上−売上原価
2. 営業利益=売上総利益−販売費・一般管理費
3. 経常利益=営業利益±営業外損益
4. 当期利益=経常利益±特別損益−法人税等

損益計算書の区分のポイント
1. 売上総利益は 売上と比例関係にある売上原価の差額(粗利益)を意味する
2. 営業利益は 通常の営業活動の利益を意味する
3. 経常利益は 営業外活動(借入、投資など)の損益を加算した利益を意味する=通常の経営活動の利益

キャッシュフロー(CF)計算書の区分
1. 営業CF=営業収支−人件費−法人税等
2. 投資CF=有価証券売却−固定資産購入等
3. 財務CF=新規借入金−借入金返済等
4. キャッシュ増減=営業CF+投資CF+財務CF

キャッシュフロー計算書の区分のポイント
1. フリーキャッシュフロー(FCF)が CF計算書のポイント
2. FCF=営業CF+投資CF
3. FCFは 営業&投資により 生む出すキャッシュのこと



他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304035-1.html 決算会計(1)

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

1057 中小会計要領と経営分析 5

5.決算書のあらまし(1) 

決算書とは
1. 貸借対照表(決算日の財政状態を示す)
2. 損益計算書(1年の経営成績を示す)
3. キャッシュフロー計算書(1年のキャッシュ増減を示す)

貸借対照表の大区分
1. 資産(会社のプラス財産)
2. 負債(会社のマイナス財産)
3. 純資産=資産−負債

貸借対照表の大区分のポイント
1. 資産は 資金の運用先を意味する
2. 負債は 返済必要な資金の調達先を意味する
3. 純資産は 返済不要な資金の調達先を意味する

貸借対照表の中区分
1. 資産=流動資産+固定資産+繰延資産
2. 負債=流動負債+固定負債
3. 純資産=資本金+剰余金

貸借対照表の中区分のポイント
1. 流動資産は 1年以内に現金化する運用先を意味する
2. 固定資産は 現金化に1年以上かかる運用を意味する
3. 流動負債は 1年以内に返済する調達先を意味する
4. 固定負債は 1年を超えて返済する調達先を意味する

【編集後記】
決算書は 向かって 右(負債と純資産)から 左(資産)に見ると お金の流れが見える。お金の流れが見えたら 大区分から 中区分に見る


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_351954-1.html 資金調達(1)
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

1056 中小会計要領と経営分析 4

4.中小会計要領の内容(3)

リース取引(借り手)の会計処理
1. 賃貸借取引か売買取引を選択できる→注記をする
2. 賃貸借取引は 支払時に リース料(費用)を計上
3. 売買取引は リース資産を計上して 減価償却する

賞与引当金の会計処理
1. 翌期支給の賞与のうち 当期負担分を計上
2. 金額的に重要性の乏しいものは 計上不要
3. 賞与引当金=(前期1人あたり賞与額−当期1人あたり賞与額)×期末社員数 など

退職給付引当金の会計処理
1. 退職一時金制度の場合 退職金規定等に基づく 当期負担分を計上
2. 中退共済、確定拠出年金等の場合 支払時に費用計上

外貨建取引の会計処理
1. 外貨建取引は 取引時の為替相場により円換算する
2. 期末の外貨建金銭債権・債務は 決算時または取引時の為替相場により 円換算する
3. 為替予約の場合 確定した円換算額を計上する

純資産(資本金・資本剰余金・利益剰余金)の内容
1. 資本金・資本剰余金は 株主からの払込金額
2. 利益剰余金=利益準備金+その他利益剰余金
3. その他利益剰余金は 配当可能額


【編集後記】
最近、就業規則に こだわりを持つ社会保険労務士さんが多いようですが、私は税理士として 決算申告書に こだわりを持っています。その基礎が 中小会計要領など会計基準になります




posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

1055 中小会計要領と経営分析 3

3.中小会計要領の内容(2) 

有価証券(株式・公社債・出資金等)の会計処理
1. 取得原価で計上して、総平均法等により評価
2. 売買目的有価証券は 時価評価
3. 時価50%以上下落&回復見込なしの場合 時価評価
4. 評価基準(総平均法等)、評価方法(原価・時価)は注記

棚卸資産(商品・材料・製品等)の会計処理
1. 取得原価で計上して、最終仕入原価法等により評価
2. 低価法の場合 取得原価か時価の 低い方により評価
3. 時価50%以上下落&回復見込なしの場合 時価評価
4. 評価基準(最終仕入原価法等)、評価方法(原価・低価)は注記

固定資産の会計処理
1. 取得原価で計上して、毎期規則的に減価償却する
2. 有形固定資産(建物、機械装置等)、無形固定資産(ソフトウェア、特許権、のれん等)等に区分する
3. 減価償却方法は 定額法、定率法等
4. 耐用年数は 法人税法の耐用年数等を利用
5. 災害等により 時価が著しく下落した場合 時価評価
6. 減価償却方法は 注記

繰延資産の会計処理
1. 開業費、開発費等は 費用か繰延資産に計上
2. 繰延資産は 5年以内などに 減価償却する

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304035-1.html 決算会計(1)


posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

1054 中小会計要領と経営分析 番外

すべての中小企業が、同じ会計基準を用いなければ、財務指標による経営分析に意味はない

中小企業は 粉飾決算や恣意性が強い決算が多いので、決算に基づく財務指標は 意味がない
今のところ 財務指標は 自社の前年実績比較のみ有効
(同業他社比較、異業他社比較は意味がない)


中小会計要領が普及拡大すれば、財務指標の同業他社比較、異業他社比較における差異に、意味(自社の特徴)が見いだせる

中小会計要領が普及すれば、財務指標自体から 自社の強み、弱み、外部環境 を分析する上で 有効な数値情報を見出せる


今回のテーマの趣旨は 新しくて簡単な中小会計要領を導入して、財務指標により 自社の前年比較のみでなく、同業他社比較を行う仕組みを作ろう というもの

決算は 申告直前で 社長の意思通り変えられる という意識を 社長自身から排除する啓蒙が 普及拡大のスタート

金融機関が 借入金利を決めるまでの 決算のスコアリング方法、決算以外のスコアリング方法を 説明すれば 粉飾決算は減る


赤字決算であっても、同じ会計基準を 継続適用し続けることが 必要

会計は 金融機関のためでなく、自社の内部管理のために あることを 再認識すべき

決算書は 社長の成績表でなく、会社の工程表なので 偽装する必要ない


posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

1053 中小会計要領と経営分析 2

2.中小会計要領の内容(1) 

収益・費用の会計処理
1. 収益は 実現主義(商品出荷時に売上計上など)
2. 費用は 発生主義(取引発生時に費用計上)
3. 費用は 収益に対応させて計上
4. 収益と費用は 相殺しない

資産・負債の会計処理
1. 資産は 取得価額で計上(時価の変動なし)
2. 負債は 将来支払うべき金額(債務額)で計上

金銭債権・金銭債務の会計処理
1. 金銭債権(売掛金・貸付金等)は 取得価額で計上
2. 金銭債務(買掛金・借入金等)は 債務額で計上
3. 受取手形の割引額・裏書額は 注記する

貸倒損失を費用計上する場合
1. 倒産手続・債務免除を行った場合 
2. 債務者が債務超過で 回収不能が明らかな場合

貸倒引当金(繰入)を費用計上する場合
1. 債務者の支払能力から 回収不能が見込まれる場合
2. 法人税法の法定繰入率を計上する場合
3. 法人税法の過去の貸倒実績率を計上する場合
4. 上記の貸倒引当金の計上基準は 注記する

【編集後記】
貸倒引当金の自社基準をどうするかがポイントです


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304035-1.html 決算会計(1)
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

1052 中小会計要領と経営分析 1

1.中小会計要領のあらまし 

中小会計要領は 中小企業庁・金融庁・日本商工会議所等が 平成24年に公表した 会計基準
金融支援・経営支援を行う団体が 策定した基準なので、今後 普及拡大のために 支援策が期待できる

非上場企業の会計基準の種類と対象者
1. 企業会計基準:大会社(資本金5億円以上また負債200億以上)を対象
2. 中小企業会計指針:会計参与等を設置した中小企業(一定の会計処理水準あり)を対象
3. 中小会計要領:オーナー企業を対象

中小会計要領の目的
1. 決算書の作成負担を増やさず、信頼性を向上させる
2. 金融機関・株主・経営者等へ 財務情報を提供する

決算書の作成負担を増やさない仕組み
1. 会計処理項目は 14項目のみ(税効果会計・組織再編の会計処理項目なし)
2. 国際会計基準の影響なし
3. 企業規模に応じた 会計処理を選択できる
4. 法人税法の処理を意識した 会計処理が多い

中小会計要領と中小企業会計指針の関係
1. 中小会計要領の導入により 高度な中小企業会計指針への ステップアップに つながる

【編集後記】
これまで中小企業の会計・経営をサポートしてきた 公認会計士や税理士ではなく、金融側・地域団体が主体になって策定した経緯があるため、普及拡大のため 支援策が今後充実すると思います 


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_308624-1.html 決算会計(2)


posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

988 中小企業・中堅企業の会計ルールが見直されました

中小企業の会計要領が平成24年2月に策定されました
商工会議所、金融機関、金融庁、中小企業庁などが中心となって、中小企業の会計ルールとして 中小会計要領を策定しました

日税連・会計士協会などが策定した中小会計指針を簡素化しているため 多少の簿記の知識があれば内容を理解できる会計ルールとなっています


中小会計要領は経営者、経営幹部、金融機関(債権者)のための会計ルールです
今後 商工会議所、金融機関、中小企業庁などが積極的に普及活動を行うようです

既存の中小企業会計ルールは 難しすぎて、税理士まかせでしたが、新しい会計ルールは 経営者、経営幹部に理解してもらうことを趣旨としています


中小会計要領について
http://www.nichizeiren.or.jp/taxaccount/indicator.html#youryou



当事務所の対応
中小会計指針の導入について
今まで 顧問先の 金融機関の与信向上、金利引き下げ効果を期待して、決算書にチェックリストを添付してきました。今後も与信向上効果のある会計ルールを導入していきます


中小会計要領について
・中堅企業(経理担当者が常駐している会社)に対しては 既存の中小会計指針の会計ルールの周知、運用を継続します

・中小企業に対しては 当事務所が主導する中小会計指針の運用か、顧問先が主導する中小会計要領の運用か 社長・院長に選択してもらう予定です


中小企業診断士との連携について
今後想定される 会計業務は中小企業診断士、決算申告業務は税理士という分業について、医療機関顧問以外の顧問先は 中小企業診断士と連携(分業)は可能ですが

決算申告は会計を前提としているので、最低でも 簿記1級、経理10年以上、税理士試験の簿記・財表くらいは ないと 分業しても こちらの負担が増えるだけなので 対応しません

医療機関顧問については 
レセプト、窓口日報、資金の流れなど記帳資料の中に、院長の経営判断に役立つ提案や法人個人トータル節税提案の元が隠れているので、会計業務の分業はしません



posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

829 経営力の評価ポイント 8

8.財務情報を分析するポイント(2)

貸借対照表の主なチェック項目
□ 預金:預金利率、ペイオフ対象、預金担保、貸越限度
□ 小切手:先日付小切手の有無
□ 手形:手形担保、ジャンプの有無
□ 売掛金:年齢調べ、滞留債権の有無
□ 有価証券:含み損の有無
□ 固定資産:減価償却不足、含み損の有無
□ 保険積立金:簿外資産(解約返戻金)の有無
□ 貸付金:関連者貸付金の資金使途
□ 仮払金、繰延資産など:資金使途
□ 買掛金:年齢調べ、支払条件、値引率
□ 借入金:借入利率、担保、返済期間

簿外債務のチェック項目
□ 売上後に アフターサービス費用が発生するか
□ 売上後に 常に一定割合の返品が発生するか
□ 他社の債務を保証しているか
□ 係争中の訴訟があるか(賠償金の見積金額)
□ 法人税法の繰越欠損金があるか

過去との比較が有効な指標
□ 粗利益率=売上総利益/売上高
□ 総資産回転率=売上高/総資産
□ 自己資本比率=純資産/総資産
□ 営業キャッシュフロー

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

827 経営力の評価ポイント 7

7.財務情報を分析するポイント(1)

決算書データと基礎情報(前記1〜6)のギャップを知るのがポイント。そのために収集する資料は
□ 決算書3期以上、科目別内訳書、キャッシュフロー計算書、注記表、会計チェックリスト
□ 税務申告書、修正申告書、税理士添付書類
□ 総勘定元帳、会計処理基準書
□ 直近の試算表、予算書、資金繰り表
□ 残高証明書(預金、売掛金、買掛金、借入金、リース)
□ 残高確認書類(金種表、在庫表)
□ 関係会社の資本関係図、上記決算書類一式

経営実態を知るため、決算書(試算表)データを修正する。主な修正ポイントは
□ 実在しない資産・負債は 除外する
□ 含み損益のある資産を 時価に修正する
□ 簿外の資産・負債を 計上する
□ 短期と長期を 1年で区別する
□ 中小企業会計指針により 発生主義にする
□ 減価償却費、引当金など見積費用を計上する
□ 各期の推移から 異常な収益・費用を補正する

修正の必要性が高い主な勘定科目
□ 長期滞留している売掛金、棚卸資産
□ リース料で処理しているリース資産
□ 時価が低下している不動産、有価証券
□ 滞納している税金、社会保険料など

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

826 経営力の評価ポイント 6

6.在庫管理の評価ポイント

現金・債権・在庫の管理が緩い会社は 不正・誤り・事件・事故が多い。特に在庫管理は緩さが数字に出やすい

在庫管理方法をチェックするための項目
□ 商品ごとの受払帳は 入出庫時に 記帳されているか
□ 商品の評価方法は 時価を反映しているか。先入先出法、最終仕入原価法、低価法など
□ 実地棚卸の頻度は。年1、四半期ごと、毎月など
□ 在庫の季節変動はあるか。季節ごとの需要変化、仕入条件の変化、仕入先の決算など
□ 関連会社取引における内部利益と売価の差は妥当か
□ 仕入時の付随費用(運賃、税金、手数料)はいくらか

在庫の回転日数の評価に必要なチェック項目
□ 発注してから納品までの発注リードタイムは何日か
□ 仕入納品から販売までの平均回転日数は何日か
□ 仕入納品から代金支払までの支払サイトは何日か
□ 販売してから代金入金までの回収サイトは何日か
□ 在庫の保管料、維持費、保険料はいくらか
□ 預け品、受託品を管理しているか

在庫の滞留品評価に必要なチェック項目
□ 滞留報告書に滞留原因の追究はされているか。過剰発注、品質不良、陳腐化、流行遅れなど
□ 滞留品の値引き処分、廃棄のルールはあるか
□ 廃棄時の会計基準は適正か


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

823 経営力の評価ポイント 5

5.設備の評価ポイント

設備の情報収集のための書類
□ 法務局より不動産登記簿、公図、測量図
□ 市町村より固定資産税通知書、名寄帳
□ 路線価、公示価格、近隣売買価格情報
□ 取得時の売買契約書、リース契約書
□ 固定資産台帳、図面、機械などのレイアウト図
□ 安全管理、保守管理に関する社内規定
□ ハザードマップ、BCPマニュアル

土地・建物を評価するためチェックする項目
□ 面積、担保状況、利用状況など現況をチェック
□ 路線価評価、固定資産税評価など時価をチェック  →含み損益の把握         
□ 交通手段をチェック
□ 遊休地、余剰スペースなど余力をチェック

機械・大型設備の評価のためのチェック項目
□ 取得価額、取得日、法定耐用年数、簿価、減価償却方法をチェック
□ 減価償却不足、税務上否認のチェック
□ 設備稼働率、不良率のチェック
□ 現況から 大型修繕、新設備取替の費用、支払時期を見積もり
□ 改修時、リース時の会計処理基準のチェック(費用と資産の判断基準)

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

821 経営力の評価ポイント 4

4.人的資源のチェックポイント

人的資源のチェックポイントは 幹部(キーパーソン)、労働条件、労働トラブルの把握

幹部(キーパーソン)把握のポイント
□ 幹部の組織図上の地位、年齢、経歴、権限、報酬、退職金要支給額を把握したか
□ 経営者と同等の幹部(後継者、右腕)はいるか  
□ 幹部が同業他社へ流出していないか
□ 特殊な技能・ノウハウを持つ職員、インフォーマル組織のリーダーなどキーパーソンはいるか

労働条件把握のためチェックする項目
□ 部署ごとの給与総額(予算)のチェック
□ 就業規則、賃金規定、退職金規定のチェック
□ 採用基準、雇用条件通知、採用手段のチェック
□ 過去と比較して在職年数は伸びているか
□ 定着率向上策(レクレーション、インフォーマル組織、奨励金、社宅の整備状況、社用車など)のチェック

労働トラブル把握のためチェックする項目
□ 過去の解雇、懲戒、労災事故の報告書チェック
□ 労災事故、安全管理のマニュアルチェック
□ 勤怠管理、有給消化管理のチェック
□ 労使を調整する部署、人事担当部署の役割、内外判定(外注判断)、予算のチェック

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

820 経営力の評価ポイント 3

3.マーケティング力の評価ポイント

マーケティング力の評価ポイントは 商品、価格、販売チャネル、販売促進の特徴を把握すること

商品(製品・サービス含)を評価するポイント
□ 売上に季節変動はあるか
□ 技術進歩によるモデルチェンジ・陳腐化はあるか
□ 同業他社で取扱っていない商品は何か
□ 類似商品との違いは何か
□ 類似商品や同業他社で賠償トラブルはないか

価格、販売チャネル、販売促進を評価するポイント
□ ユーザーに直接販売しているか、卸・小売を経由してユーザーに販売しているか
□ 価格に影響を与える要因は何か。政府、業界慣習、顧客ニーズ、リーダー企業、供給先など
□ 価格設定方法、価格変更ルールはあるか
□ 店舗、セールスマン、通販など販売方法ごと 人件費、広告費、販促費の費用分析・評価はしたか

顧客(売上先、ユーザー)を評価するポイント
□ 顧客の特徴は何か。法人か個人か、性別、年齢、所得、ライフスタイルなど特徴はあるか
□ 顧客の購買理由は何か。 品質、価格、簡便性など
□ 顧客の意見・クレームに対応した商品改良、サービス改善、新商品の研究開発を行っているか
□ 顧客1人あたり売上金額、売上品数は変動しているか

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

817 経営力の評価ポイント 2

2.経営者を知るチェックポイント

経営者のタイプ、経営方針、経営目標、経営計画を知ることは 経営力を知ることになる

経営者のタイプ、経営方針を知るポイント
□ オーナー社長か、雇われ社長か  
□ 創業社長か、2代目社長か
□ 意思決定するのは 社長か、役員会か
□ 規則、文書、内部統制、労働環境を整備しているか
□ 業績を 役員給与・配当に どれくらい配分するか
□ コスト削減に積極的か、投資に積極的か
□ 投資額は 借入によるか、内部留保を取り崩すか
□ 業績向上は 業界全体がいいのか、社長の能力か 

経営目標、経営計画を知るポイント
□ 経営目標を文書化しているか、周知しているか
□ 経営計画(3年〜5年)を 数値化しているか
□ 経営計画を年次に落とし込んだ予算を策定したか
□ 売上予算、コスト予算は 積上計算か、前期実績か、増減率計算か
□ 経営計画・予算を修正できる検証ポイントがあるか
□ 予算と実績の差異を文書化しているか
□ 経営計画、予算の策定責任者、実行責任者は誰か
□ 新事業計画、新店舗計画、設備投資計画はあるか
□ 設備の生産力、職員数、資金調達力は 現実的か

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

【編集後記】
経営者自身が自社の経営力を知ろうとするとき、他者(たとえば株主、金融機関、M&A買い手などお金を出す取引者)にとって 経営力=経営者 と見ることが多いことは 認識すべきです
posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

816 経営力の評価ポイント 1

1.会社基礎情報のチェックポイント

経営力を評価するとは 経営資源(ヒト、モノ、設備、カネ)の特徴を把握すること。そのために基礎情報をチェック

基礎情報収集のための書類
□ 法人登記簿
□ 定款(原始定款含む)
□ 組織図、株主名簿、職員名簿
□ 決算申告書、総勘定元帳
□ 管轄行政機関、同業者団体が発行している経営資料

基礎情報から『経営者に権限が集中しているか』を見る
□ 株主の同族性、親族以外への株式分散状況
□ 資本金の増減、株価(払込金、払戻金)
□ 役員の同族性、変更履歴
□ 役員の職務内容、権限内容
□ 職員数、店舗数の推移
□ グループ関連会社の影響力

基礎情報から 特徴を探す。例えば次の特徴
□ 特別な技術力、販売力、研究開発を持つ
□ 顧客集中度(下請依存度)が高い
□ 業法など法律、参入障壁、規制が強い
□ 同業トップ企業との違いが 明確
□ 労働トラブル、賠償トラブルがある

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

815 経営力評価チェックリスト あらまし

経営力を評価するとは 経営資源を評価すること

経営資源とは ヒト、モノ、設備、カネ をいう


1.ヒトを評価するポイントは

経営者を知ること、組織を知ること、人事ルールを知ること


2.モノ(自社の商品、サービス)を評価するポイントは

SWOT分析で 自社の環境を知ること、自社のマーケティングを知ること

SWOT分析とは 市場における自社の強み、弱み、機会、脅威のこと。機会を生かして強みを強化し、脅威を抑え弱みを克服すること

マーケティングとは 商品、価格、流通、販促のこと


3.設備を評価するポイントは
設備管理状況、生産能力、稼働率、時価、陳腐設備のアフターコストを知ること


4.カネ(財務)を評価するポイントは
資金調達力、債務状況、キャッシュフロー、収益、資産価値、事業価値を知ること


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

813 経営力評価チェックリスト 院長のポイント

院長は プレイングマネージャー

院長はトップマネジメントを行いながら、現場をマネジメントし、さらに 現場でサービスを提供する。
現場でのサービス提供(医療行為)がメインで、マネジメントは雑務。効率的な自院評価が必要


院長が 自院の経営力を評価するには 例外管理が前提

業務は可能なかぎり定型化し、例外を管理する仕組みをつくるのが 院長が自院を評価するための前提。定型業務は権限移譲し、例外業務を管理する


院長が 自院の経営力を評価するメインテーマは 変化を知ること

次回以降に説明するチェックリストを 検証ポイントを設けて(理事会や決算報告時が多い)、網羅的に見た上で 過去と変化した点を把握するのが 効率的。
変化は 異常なのか、一時的なのか、予想通りなのか を把握する

院長が現場でサービス提供しているため、現場で感じている変化と 数値化された変化について 合点がいく点、ギャップがある点が 生じる

合点がいく点は改善策を検討し、ギャップがある点は さらに掘り下げた分析が必要


財務情報以外に 医療の質とは何か 定義付けして 数値化することも 役に立つ

VE/VAの概念、患者満足度調査、財務指標の総合評価など を参考に 定義付け・数値化することは 経営理念の実現にも役に立つ。
抽象的な概念では 組織内に周知されず、絵に描いた餅になってしまう


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/



posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

812 経営力評価チェックリスト 序2

経営者が自社を知る目的は 変化を知ること 特徴を知ること

変化を知るために、

同規模同業他社の情報があれば望ましいが、情報量は少なく 会計基準も異なるので 他社比較で自社を評価するより、自社の年度比較や 予算比較により 自社を評価するのがよい

平均値にあまり意味はないため、TKCなどで出している同業他社の財務情報は目安程度でよく、比較対象にしない方がよい


細かなチェックポイントは後述するが、全体の流れは以下の通り

1.まずは 直近3年くらい決算書や今の試算表の数字を見る


直近3年間の重要な決算科目の動き、財政状況、利益構造を 大まかに数値化してみる。
決算書の見方について よく質問を受けるが、科目の意味を 簿記の知識のある人や経理に聞く程度でいい



2.次に 企業のルールを見る


企業理念、経営方針、定款、就業規則、賃金規定、職務権限書、人事考課書類、これらの更新状況・運用トラブルなど 

中小企業で経営力の差が出るとしたら、ルールの運用力。家族経営ならルールはいらないが、親族以外の社員が存在する組織なら 経営者のルール・マニュアルの運用力がポイント



3.次に 現在の自社の商品・サービスを見る


自社の商品・サービスの特徴、既存市場との関係、現在の外部環境、を整理する。研究開発や生産管理状況も整理する

自社分析手法はたくさんある。SWOT分析、ファイブフォース分析、アンゾフの成長ベクトル、PPM、ポーターの競争戦略、市場分析など難しそうに感じるが エッセンスを聞くと簡単に活用できる



4.最後に 個別の決算科目の確認をする


金融機関借入、株主状況、関係者取引、そのほか重要な決算科目の分析をする。

経営力を評価するとは 単純に株価を計算という意味でなく、経営の変化 経営の特徴を知ることなので、特徴把握の手段として 会社のルールの特徴を把握した後に 結果である決算数値の特徴を知ることは有効


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
 


posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

811 経営力評価チェックリスト 序章

企業や医療機関の経営力を把握するためのチェックポイントを整理します

今まで 一般企業、医療法人、薬局、不動産保有会社などのM&Aに立ち会ってきました。
M&Aは 限られた時間で 売却する企業等の経営力を把握し、隠れたリスクを仮説する必要があります

このノウハウは 経営者が自社の経営力を把握するなど M&A以外の現場でも活用できます。
今回は M&Aだけでなく、経営者の自己評価のための チェックポイントを整理します


経営力は決算書以外にもある

決算書は単なる結果です。決算書だけによる経営力判断は 判断を誤ることがあります。
隠れている基礎情報を積み上げて分析して初めて、決算書の数字の裏付けを知ることができます

決算書の数字の裏付けを知ることができれば、改善策は見えてきます


決算書の数字だけを見たコスト削減の 改善効果は 一時的です 

抜本的な経営力の改善のため 今回整理するチェックリスト項目を 全体的に見直すことをお勧めします


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

145 法人の税金入門 8

8. 寄附金課税のあらまし 

寄附金は支払先により損金にできないものがある、
1. 寄附金とは 法人が贈与した金品、通常より低額で譲渡した資産のこと
2. 国などや 財務大臣により指定された団体への寄附金は損金になるが、それ以外は 一部損金にならない
3. 贈与した金品であっても、明らかに事業経費となるものは 寄附金にならない 

寄附金なのか事業経費なのかがポイント
1. 事業に直接関係ない団体への贈与は、通常 寄附金
2. 事業に関係ある団体への金銭・物品の贈与は、贈答目的などの場合 交際費
3. 広告目的で贈与した場合、広告宣伝費
4. 福利厚生目的で贈与した場合、福利厚生費

関連会社間について 寄附性が問われる
1. 関連会社間では 通常より有利な価額で取引が可能なため、通常価額との差額を 寄附金とするケースがある
2. 関係会社間取引が、契約書や請求書、業務報告書のやりとりのない、恣意性のみで行われた場合 支払った側で 寄附金課税され、収入した側でも課税される
3. なぜその価格に決まり、契約期間終了後は 価格の妥当性について検証すべき
4. 子会社を整理する際の損失負担金は 親会社が負担しなければ さらなる損失を被るなど合理的な負担の場合、寄附金に該当しない

【編集後記】
寄附金課税リスクは 関連会社間取引により生じます。関連会社への手数料、関連会社からの仕入、関連会社からの資産購入など 注意を要します
 
事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

144 法人の税金入門 7

7.貸倒債権の注意点 

貸倒が生じても 債権を損失計上できない場合がある
1. 債権とは 売掛金(売上して 未回収)、貸付金(お金を貸して未取立)のこと
2. 誰に対する債権か、回収を断念するまで何をしたか、債権者はどうなったか がポイント

だれに対する債権で 損失計上まで何をするか
1. 役員、得意先などへの貸付について、貸付の事実があり、貸付後に回収や利息を収入するなど 法人が事業として貸付けることに 合理性が 必要
2. 得意先に対する売掛について、得意先の状態を登記簿、決算書、現地調査により確認した上で、内容証明郵便により 督促するなど 回収管理が必要
3. 子会社に対する債権について、子会社の今後の経営予測も含めて、子会社管理が必要 

貸倒損失が認められるケース
1. 債権者会議などにより 債権切捨が決定した場合
2. 得意先などの債務者(債務超過などの場合のみ)に、債務免除を書面で通知した場合
3. 債務者の資産状況などから 全額回収不能が 明らかな場合
4. 売掛金については、取引停止後 1年以上経過している場合など
5. 事業上 合理的な債権であり、債務者により損失を被った場合 貸倒損失が認められる

【編集後記】
税務調査において 寄附なのか 貸倒損失なのかは 債権発生(事前の信用調査も含めて)から 債権回収断念までの 一連の事業合理性から判断されると思います。金銭消費貸借契約書、回収管理報告書など 書面で履歴を残していくことを お勧めします 

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

143 法人の税金入門 6

6.修繕費か固定資産か 

修理・改良費でも 固定資産になる場合がある
1. その修理・改良により、資産の使用期間が延長した場合などは 固定資産として 減価償却により 費用化

修繕費にできる修理・改良費の事例
1. 1つの修理・改良費が 20万円未満の場合 
2. その修理・改良の周期が 3年以内の場合
3. 通常の維持管理の場合
4. 毀損したものを 現状に回復する場合
5. 修繕費か固定資産か区分が不明の場合で 60万円未満のもの
6. 建物・機械の移設費用、解体費用で一定のもの

固定資産になる修理・改良費の事例
1. 用途変更、模様替えの費用
2. 性能の高い部分品の取り換え
3. 建物の増築、避難階段取付など

税務調査のポイント
1. 1つの修理・改良を 2事業年度にわたって 分割払いをして、費用化していないか
2. 明らかに 資産価値や機能を 増加したものを 修繕費としていないか
3. 決算直前の修理・改良について 修理完了日は 決算前かなどを 見積書などから チェック

【編集後記】
修繕費は高額になりやすいので 修理した業者の方から 明細書、ビフォーアフターの現場写真、パンフレットなどの書類があると 判断しやすいです。節税対策で 決算直前にやったのに 修正納税するケースは 多いです

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

142 法人の税金入門 5

 5.消耗品費か固定資産か 

長期間使用するものは 固定資産
1. 固定資産を購入した場合 購入した時に 費用になるのではなく、耐用年数(法人税法で決められています)にわたって 減価償却により費用化します
2. 減価償却費とは 資産価値の減少分を意味します
3. 土地は価値減少しない資産として 減価償却を しません
4. 土地付き建物を購入した場合 減価償却計算、消費税計算のため 土地と建物を分ける必要があります

購入時の付随費用も固定資産
1. 購入時に払った引取運賃、運送保険料、購入手数料、関税なども 減価償却により費用化します
2. 借入や分割により購入した場合 利息相当額は 固定資産に含めないことができます
  
購入しただけでは 費用化できない
1. 減価償却は 事業に利用してから 費用化できます
2. 稼働していない固定資産は 減価償却できません
3. 稼働していなくても、いつでも稼働できるようにメンテナンスされている固定資産は 減価償却可

10万円未満の固定資産は費用可
1. 取引単位ごとに判断し、単価10万円未満の固定資産は 費用にできる
2. 20万円未満の場合、30万円未満の場合も特例あり
3. 取引単位は 訴訟事例や通達事例などから検討 

【編集後記】
費用か資産かの判断は 難しいケースがあります。耐用年数を通じれば 同じなのですが、法人税のみでなく 都道府県へ支払う償却資産税・固定資産税とも関係してくるので 注意を要します

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

140 法人の税金入門 4

4.税務調査における法人税のポイント(2)

交際費 (資本金1億円以下の法人のケース) 
1. 交際費は 一部損金(法人税法上の費用)と認められず、課税されます
2. 交際費が400万円以下の場合 交際費の金額の4%〜4.5%の概算税金(法人税・事業税・住民税合計)が加算
3. 交際費が400万円超の場合 (超える金額+40万円)×40%〜45%の概算税金(法人税・事業税・住民税合計)が加算

何が交際費に該当し、何が交際費に該当しないか
1. 交際費は 取引者、株主、特定社員・特定役員に対する 接待、慰安、贈答などの費用のこと
2. 社員の慰安のための費用、会議のための飲食費(1人あたり5千円超でも)、寄附金、売上割戻、情報提供料、広告宣伝費、会費は 交際費に該当しない
3. 1人あたり5千円以下の飲食費(いつ、だれと、どこで を記載した書類が必要)は 交際費に該当しない

支払目的、支払先の透明性がポイント
1. 支払目的が 接待、慰安、贈答の場合 交際費以外の科目でも 税金計算上 交際費となる
2. 実務では 支払目的は複合的で、シロクロはっきりしない場合もあるが、稟議書、領収書、契約書から 判断するので、書類の整備が必要
3. 仮装、隠蔽した場合、重課制度や青色取消もある

【編集後記】
社長への渡切交際費は社長への給与になり、法人側で課税されるとともに、社長個人にも所得税課税があります。実費性と支払目的、支払先は明瞭にした方が 節税余地が広がると思います

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

139 法人の税金入門 3

3.税務調査における法人税のポイント(1)   

売上・売上原価
1. 原則、 商品引渡時やサービス提供時に 売上を計上
2. 請求書の締め日後に 当期中に引き渡した場合 当期の売上になる(締め後売上もれに要注意)
3. 前期と比較して 売上が変動ある場合や 売上原価率に変動があった場合 棚卸もれや売上もれの可能性があるので 調査のポイントになる
4. 決算直前に仕入れた商品は 販売済みか 未販売(棚卸を構成)か 決算作業において確認を要する

役員への給与
1. 役員給与は 定款か株主総会で決める
2. 株主総会で決めた役員給与が 次の定時株主総会までの期間  同額でなければ 原則、損金にならない
3. 社長の奥様などで役員登記している者への 給与は 職務対価(マネジメント対価)として妥当かがポイント
4. 社長の節税目的として 奥様名義で給与処理をするケース(分かりやすいのは 奥様の給与なのに 社長名義の預金口座に給与振込がされている)は 問題ある

役員への貸付、役員からの借入
1. 役員からの借入は、 売上の仮装でないか 確認します(原資は何なのか、どこの口座から入金されたか)
2. 役員への貸付は、役員への給与とみなす場合があります。金銭消費貸借証書を確認します
3. 役員へ金銭を貸し付けた場合 利息を計上します

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

134 法人の税金入門 2

 2. 決算でどれくらいの税金を払うか

決算に際して 何をどれくらい払うか
1. 決算に際して 払う税金は 法人税、消費税、法人県民税、法人市民税、法人事業税
2. 決算上の利益を加減算した金額に税率をかけて 各税額を算定します
3. 各税率は 資本金が1億円以下の中小企業の場合 利益に対して 法人税率30%(800万円まで 22%) 
4. 法人県民市民税(法人都民税)は 利益に対して 概算4%〜5%、法人事業税は 9.6%(400万円まで 5%、800万円まで7.3%)
5. 利益が出ている中小企業の場合 利益に対して 概算40%〜45%の税金を払います
6. 消費税(預かった消費税から 払った消費税等を引いた金額)、法人県民市民税の均等割を払います  

税金計算が難しい理由
1. 決算上の利益を 税法上の利益に調整する必要があるため 税金計算は複雑に感じます
2. 決算上 費用であっても 税法上 費用と考えない項目が いくつかあります(詳細 後述)
3. 決算上 収益にしていなくても 税法上 収益と考える項目があります(詳細後述)

税務調査は 税務署担当者が 上記を現地で 確認することです

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

133 法人の税金入門 1

1.法人が払う主な税金 

国(税務署)に払う税金
1. 法人は 毎事業年度末から2ケ月以内に 利益(一定の調整計算あり)に対する税金(法人税)を払う
2. 給与を払う場合 給与支給時に 社員から 給与所得に対する税金(所得税)を預り、 翌月10日までに払う
3. 消費税は 事業年度末から2ケ月以内に 売上により預かった消費税から 仕入業者等へ払った消費税を控除した差額を 国に払う
4. 各税金とも 事業年度の途中で納税する予定納税制度や、納付方法の特例制度がある
5. 金融機関(一定の場合 コンビニ納付可)に納付書を持参して納付するか 電子納税(一定届出が必要)により納付

都道府県、市町村に払う税金
1. 法人税と同様に 利益に対して 法人事業税と法人県民税、法人市民税を払う
2. 法人税は税務上の利益がマイナスなら 納税はないが、地方には 均等割という法人住民税があり、資本金や従業員数により 定額を払う
3. 給与を払う場合 法人が住民税を徴収する場合(特別徴収)と 法人は 徴収せず、社員が自分で払う場合(普通徴収制度)がある
4. 特別徴収制度の場合 源泉所得税同様 翌月10日までに支払う

【編集後記】
インターネットバンキングと電子納税は 経理事務コスト減に直結します。金融機関への移動時間、待ち時間、記帳時間ほど ムダなコストはないと思います

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

40 実務で使う税制改正C

使用人が 執行役員の肩書になった場合の退職金
1.執行役員とは 役員登記されていないが 使用人のなかで役員に準ずる肩書の者(会社法上 使用人)
2.使用人が執行役員になった時の 使用人期間の退職金は 一定要件を満たせば 認められる
3.一定要件とは @執行役員と会社の契約が雇用契約でないこと(役員と同様 委任契約など)
 A執行役員退任後 使用人としての再雇用が保障されていないこと
 B執行役員への報酬、福利厚生などが 役員と同様であること


4 出向役員の給与負担金
出向者を受入れる会社(出向先法人)において 出向者が役員の場合
1. 出向先法人が支出する給与負担金は 役員給与として取り扱う
2.出向者の役員給与は 一定要件を満たせば 損金として認められる
3.一定要件とは @出向先法人の株主総会において 出向者給与の決議がある
 A出向契約において 出向期間 給与負担額が 予め決められている

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

39 実務で使う税制改正B

3 分掌変更の退職金の打切支給 

役員退職金が認められるケース
1. オーナー会社において 高額の役員退職金は節税手法の虎の子である
2. 実際退職しなくても 分掌変更し(代表取締役から平取締役になるなど)一定要件を満たせば 役員退職金が認められる
3. 一定要件とは @肩書だけでなく 実質も 経営上主要な地位から外れる 
 A分掌変更後の役員給与が激減(50%以上減)  B実際退職金を支払う(未払金ではダメ)

使用人兼務役員が 役付き役員に昇格した場合の退職金
1.使用人兼務役員とは 役員のうち 使用人としての職務と肩書をもつ者(工場長、経理部長など)   
2.役付き役員に昇格した時の 使用人期間の退職金は 一定要件を満たせば 認められる
3.一定要件とは  @過去に 使用人から使用人兼務役員へ昇格した時に 使用人期間相当の退職金の支給がない
A使用人分退職金として 退職規定に基づくものであり 相当な金額であること 

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

38 実務で使う税制改正A

2 中小企業のリース会計

20年4月以後開始事業年度から適用
1.リース税制のように 20年4月以降契約についてではなく、20年4月以降に開始する事業年度について 随時適用
2.20年3月以前の既契約リース取引についても 原則 リース会計基準が適用される 

リース会計基準の内容
1. 所有権移転外ファイナンスリースについて 原則 売買処理(費用処理でなく資産勘定使用して 減価償却を通じて費用化)
2. 短期・少額リースについては 賃借処理(費用処理)可。少額短期リースとは 総リース料300万円以下かリース期間1年以内のリースのこと
3. 税務は 短期少額に関係なく 20年4月以降契約について すべて 売買処理(賃借処理でも 法人税法上問題が生じないが 消費税法上 別計算が必要)
 

中小企業会計指針
1. 売買処理が原則であり、リース資産勘定(機械装置など個別資産勘定も可)とリース債務勘定を使用
2. 賃借処理の場合 リース残債を注記(重要性のないリースは注記不要)

リース資産の取得価額
1. 原則 『総リース料−リース金利』 を取得価額として 減価償却計算するが 重要性が乏しい(10%ルール)場合 税務同様 総リース料としても可
2. 10%ルールとは リース残債÷(リース残債+固定資産の期末残)の比率が10%未満の場合 重要性が乏しいと判断

既年度契約リースの処理
1. 選択肢は3つ @賃借処理 A適用年度期首の リース残債のリース取得価額を取得したとして計算 Bリース契約時に遡って取得したとして
計算し 過去の減価償却費未計上分と 過去に費用化したリース料を特別損益とする 
2. ABについて 法人税計算上 調整があるので 税理士に報告して下さい

事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

37 実務で使う税制改正@

1.リース税制

20年4月1日以後のリース契約は売買になります
1. 売買とは 取得と同じという意味(20年3月以前のリースは 賃借なのに対し)
2.リース会社から リース資産が引き渡された時に リース資産を取得したものとして 税金計算されます 

リース取引とは
1.中途解約不能(解約時に残債を支払うものも含む)であり、かつ リースに係る収益費用を賃借人が負担するもの
2.所有権移転するもの(所有権移転ファイナンスリース)と 移転しないもの(所有権移転外ファイナンスリース)がある
3.上記の両方とも 20年4月以降は リース資産引き渡し時に 売買があったものとして 税金計算します
4.所有権移転リースとは 契約書に 所有権移転条項があったり、割安で購入できる権利がついていたり、特別仕様(カタログ品でない)
 リース期間が リース資産の法定耐用年数の70%より短いもの
5.所有権移転外リースとは 上記4以外のリースをいいます 

所有権移転外リースの税務上の仕訳
1. 資産引渡時(借方)リース資産勘定(総リース料) /(貸方)リース債務勘定
 『総リース料−リース金利』も可
3.自社経理している場合 リース資産勘定が 課税仕入となるようにする
(リース金利が明示されている場合 『総リース料−リース金利』が課税仕入となる)
4. リース料支払時 (借方)リース債務 / (貸方)現預金
5.決算時  (借方)減価償却費(リース期間定額法)/(貸方)リース資産勘定
 減価償却費= (リース資産取得価額−残価保証額)×利用月数/リース期間月数
6.所有権移転リースの減価償却費は 通常の固定資産の減価償却法と同じであり、所有権移転外リースのみ リース期間定額法を採用することに注意
  
賃借料(支払リース料)処理をする場合
1. 従前のように 費用処理する場合でも 費用額が 上記減価償却費と同じであれば問題なし
2.消費税の取扱が異なるので 別対策が必要
3. 自社経理している場合 リース引渡時に申告書上 課税仕入計算。支払時 仕入対象外計算 
 
事務所ホームページ http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 決算会計 2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。