2013年07月10日

1270 シックスシグマのあらまし 4

4.シックスシグマの流れ(3) 

シックスシグマは M(測定) → A(分析) → I(改善) → C(管理)により 業務プロセスのバラツキをなくす

C(管理)の目的

1. バラツキのない業務プロセスを 定着させる
2. シックスシグマの取り組み状況を 全社員で共有する
3. シックスシグマを職員教育に取り入れ 共通言語化する

C(管理)の例
1. チェックリストにより 改善状況を確認する
2. 改善により生じた問題に対して MAICを回す
3. 進捗管理表で 定着管理する
4. 目標達成時の 報奨金制度を設ける

進捗管理表で定着管理するポイント
1. 改善効果(目標と現状の比較)を定期的にチェックする
2. 検証時期、改善責任者、報告体制をルール化する

目標達成時の報奨制度の例
1. 報奨金の支給
2. 人事考課の加算評価

病医院のシックスシグマ成功のポイント
1. プロジェクトチームづくり(詳細後述)
2. 手間のかかる事務手続・ルールは 廃止する
3. 外部委託先も含めて 業務プロセス改善を考える

【編集後記】
シックスシグマ導入病院を見ていて思うのは シックスシグマも QCと同じく、MAIC以外の 型はないということです。成否のポイントは あまり 分析手法を複雑にして 時間をかけず、プロジェクトチームを維持することだと思います。次以降 プロジェクトチームを整理していきます

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
平成25年9月5日 in大宮ソニックシティ。テーマ「コスト削減」。FAX申込はこちら→9.5.pdf
平成25年9月29日in大宮ソニックシティ。テーマ「節税」。FAX申込はこちら→9.29.pdf

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

1269 シックスシグマのあらまし 3

3.シックスシグマの流れ(2) 

シックスシグマは M(測定) → A(分析) → I(改善) → C(管理)により 業務プロセスのバラツキをなくす

A(分析)のポイント

1. 業務の流れの中で 生じる欠陥の原因を分析する
2. 欠陥原因の分析に際して 特性要因図・ブレインストーミング等を 利用する
3. 欠陥原因の取り除き策に 優先順位をつける

優先順位の高い 欠陥原因の取り除き策とは
1. 部分改善でなく、全社改善になる 欠陥原因取り除き策
2. 自社の弱みと関係している 欠陥原因取り除き策
3. キャッシュ効果の高い 欠陥原因取り除き策
4. 即効性の高い 欠陥原因取り除き策
5. 緊急性の高い 欠陥原因取り除き策

I(改善)のポイント
1. 欠陥原因の取り除き策を 試用しながら検証する
2. 取り組む欠陥原因の取り除き策を決める
3. 取り組む欠陥原因の取り除き策の行動計画を策定する
4. 行動計画の進捗管理を行う

業務プロセスを改善する目付けポイント(ECRS)
1. E:その業務を なくせないか
2. C:2つの業務を 一緒にできないか
3. R:前後の業務の 順番を変えられないか
4. S:その業務を 簡素化できないか

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
平成25年9月5日 in大宮ソニックシティ。テーマ「コスト削減」。FAX申込はこちら→9.5.pdf
平成25年9月29日in大宮ソニックシティ。テーマ「節税」。FAX申込はこちら→9.29.pdf

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

1268 シックスシグマのあらまし 2

2.シックスシグマの流れ(1) 

シックスシグマは M(測定) → A(分析) → I(改善) → C(管理)により 業務プロセスのバラツキをなくす

MAICの前に プロジェクトのテーマを設定する流れ

1. 課題を洗い出す
2. 改善効果(=キャッシュ増減等)を 予測する
3. 課題に 優先順位をつける
4. 最も優先順位の高い課題に取り組む

課題の洗い出し方法
1. VOC(患者の声):患者アンケート、患者の会
2. 職員アンケート、職員ヒアリング、ビデオ観察
3. 競合分析:競合が優位にあるもののベンチマーク 

M(測定)の流れ
1. 業務の流れ図を作成する
2. 業務の流れの中で 患者満足度に 最も影響する業務を発見する
3. 業務の流れの中で 発生した欠陥を 時間、アンケート点数、件数、金額など データ化する
4. 欠陥データを 図表化する
5. 欠陥データの 改善目標を立てる

業務の流れ図を作成するポイント
1. 業務の手順ごとに 時間・人数を記載する
2. 業務ごと 患者に 付加価値があるか洗い出す

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
平成25年9月5日 in大宮ソニックシティ。テーマ「コスト削減」。FAX申込はこちら→9.5.pdf
平成25年9月29日in大宮ソニックシティ。テーマ「節税」。FAX申込はこちら→9.29.pdf


posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

1265 シックスシグマのあらまし 1

1.シックスシグマのあらまし 

病医院経営におけるシックスシグマとは
1. 設定されたテーマに対して
2. プロジェクトチームが 
3. 患者の声(VOCと言う)を収集し
4. 業務プロセスを 図表化しながら
5. 業務プロセスの ムダ・バラツキをなくす

病医院経営において設定されるテーマの例
1. 患者満足度の向上
2. 医療サービスの品質向上
3. 利益向上

シックスシグマにより 改善されるべき指標
1. 患者件数
2. 職員定着率
3. キャッシュフロー

プロジェクトチームのメンバー
1. プロジェクトリーダー(ブラックベルトと言う)
2. 経営企画・医療・管理等から選ばれた職員

シックスシグマの流れ(MAIC)
1. M 測定 メジャメント 
2. A 分析 アナライズ 
3. I  改善 インプルーブメント
4. C 管理 コントロール 


【医療経営セミナー情報】
平成25年9月5日 in大宮ソニックシティ。テーマ「コスト削減」。FAX申込はこちら→9.5.pdf
平成25年9月29日in大宮ソニックシティ。テーマ「節税」。FAX申込はこちら→9.29.pdf


【編集後記】
こういう小難しいコンサル手法は やっているだけで満足しがちです
キャッシュフロー、患者件数、職員定着率のいずれかに改善効果がないと 意味がないことに 十分注意したほうがいいです
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

1264 シックスシグマのあらまし 序章

私自身 税理士をやる前は QC(小集団活動)を 企画営業、管理運営する仕事に携わってきました

その中で ボトムアップによる経営改善の効果の継続性には 大きな可能性を 感じていましたし、今でも感じています

そこで 病院の組織変革の現場で採用した シックスシグマについて あらましを 整理していこうと思います


病院コンサルタントには
・解決策提示型のコンサルタント
・手法説明型のコンサルタント がいるようです


病院側にとっては 
解決策を提示するコンサルタントの方が 効果が得られる と考えるかもしれませんが


慢性化した病院の経営問題に対する解決策を
財務数値の外面をチェックして、少し 現場を見回り、ヒアリングしただけから 導き出すのは
浅い解決策(他院の成功事例の焼き直し)な印象があります


手法説明により
職員を中心としたプロジェクトチームで 解決策、改善策を導き出すのを
手伝うコンサルタントの方が 信用できます


手法の1つとして 最近よく聞くのが シックスシグマです


シックスシグマとは
トップダウンにより設定されたテーマについて
プロジェクトチームで改善策を出し、実践する経営手法です


シックスシグマの基本思想(MAIC)
QCのPDCAと同じく シックスシグマにも 何度もまわす 基本思想(MAIC)があります

MAICとは 
Measurement:測定
Analysis:分析
Improvement:改善
Control:定着管理 の頭文字を使ったものです


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

962 医療経営に役立つ製造業手法 11

11.不良退治(品質維持)の手法

不良退治(品質維持)のポイントは 不良発生の原因究明

不良発生の原因究明は 4M(人、方法、材料、設備)の ムダ・ムリ・ムラを把握することから。
主な発生原因は

1. 作業者による作業もれ、作業者の疲労
2. 作業方法のミス、設備・道具の使用方法の間違い
3. 材料の欠品(部品もれ)、部品のつけ間違い
4. 設備の不良など

4Mのムダ・ムリ・ムラを把握する方法
1. 不良統計
2. ビデオによる作業観察、時間分析
3. 不良工程の作業者、熟練者へのヒアリング
4. 源流検査(原因を究明する検査)
5. パレート図(重点分析)
6. 特性要因図(原因と結果の分析)

不良退治(品質維持)の方法は 4M から考える
1. 作業者への教育の実施、マニュアルの作成
2. 検査工程による全数検査の実施
3. 標準作業による作業者の自主検査
4. 在庫をつくらない流れ生産(一個流し)の導入
5. 設備保全の徹底
6. 自働化設備(不良発生時に自動停止する設備)の導入
7. 自動検査装置の導入


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_364443-1.html 組織・人事
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304881-1.html 小売・在庫

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

961 医療経営に役立つ製造業手法 10

10.設備の保全と安全のための手法

設備保全と安全を 軽視すると 大きなロスが生じる

設備のメンテ不足によるロス

1. 設備の停止ロス(故障、多くの調整作業、多頻度の部品交換、立ち上がりの遅れ)
2. 設備の性能ロス(チョコ停の発生、生産速度の遅れ)
3. 製品の不良ロス(不良品の発生、歩留まり)

設備保全のポイント
1. 設備保全の目的は 設備の故障を予防すること
2. 設備の故障を予防するとは 設備の劣化を防ぐこと
3. 設備の劣化を防ぐために 日常点検、清掃、部品交換、修理など自主保全を 行う
4. 設備の運転・保全・修理のマニュアル・教育が有効
5. 設備まわりの5Sの徹底は 設備保全の前提

主な設備劣化の現象
1. 部品摩耗、油もれ・騒音など 設備欠陥
2. 設備の機能低下、チョコ停・故障停止の発生

労働災害防止のポイント
1. 安全教育を行う
2. 設備保全(日常点検・清掃・部品交換・修理の実施)
3. 作業を標準化する
4. 事業所に5Sを徹底(特に しつけ)
5. ポカヨケ(作業者がミスをしても災害が起きない仕組み)を講じる


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_365622-1.html 中小病院

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

960 医療経営に役立つ製造業手法 9

9.異常を知らせる手法

管理者が ただちに 知るべき異常の例
1. 規格外の製品、不良品
2. 機械設備の故障
3. 材料・部品の不足
4. 標準作業以外の動作

異常を知らせる主な手法
1. あんどん(異常発生時に点滅させる電光掲示板)
2. ポカヨケ(異常発生時に機械が自動停止)

異常あんどん の流れ
1. 異常が発生した場合 作業者がボタンを押す
2. 作業者が 機械・ラインを停止させる
3. 管理者が 異常発生した工程で トラブル対応
4. 管理者が 機械・ラインを再開させる

部品請求あんどん の流れ
1. 部品不足・在庫不足に気付いた場合 ボタンを押す
2. 補充担当者が 不足工程に 部品等を補給する
3. 補充担当者は 補充後 ボタンをオフにする 

検査も異常認知に有効。主な検査方法は
1. 全数検査(全製品を検査する方法)
2. 抜取検査(サンプリング検査)
3. 源流検査(異常品の原因を究明するための検査)


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_356876-1.html 医療経営(3)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

958 医療経営に役立つ製造業手法 8

8.流れを停滞させない製造業手法

モノの流れが停滞するところに、ムダや在庫が生じる
流れを停滞させないために

1. 多く生産するより、一定のリズム・流れで生産する
2. モノの停滞のみでなく、運搬・仮置き をなくす
3. モノの停滞をなくすには 流れ生産 が有効

流れ生産の内容
1. 決められた工程通りに 1個ずつ生産(一個流し)
2. 決められた時間・リズム(タクトタイム)で 生産
3. 設備レイアウトが 工程順・U字型
4. 運搬ゼロ化(レイアウト変更、運搬具利用)
5. 多工程持ち

多工程持ちのポイント
1. 多工程持ちとは 一人の作業者が 複数工程を 流れに沿って、移動しながら 作業すること
2. 作業者は 複数の技能習得、教育訓練が 必要
3. 作業者は 立ち作業(工程順・U字型レイアウト)
4. 設備は 生産効率の高い大型機械より、プロセス全体の流れを考慮した小型機械を導入
5. 人と機械の役割を明確にする=人と機械を離す 
6. 作業方法は 標準作業、自働化・ポカヨケ が必要

ポカヨケとは
1. ウッカリの作業ミスを防止する仕組み
2. 作業ミスすると、「ブザーで知らせる」「機械が停止する」など


【編集後記】
流れ生産の手法は 医療経営に応用できます


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_329448-1.html 医療経営(2)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

957 医療経営に役立つ製造業手法 7

7.標準作業のあらまし(2) 

標準作業(4M合理化)のポイント
1. タクトタイムの把握
2. 作業ルールの作成

タクトタイムの把握
1. タクトタイムとは 1つの製品・サービスにかかる時間
2. タクトタイムを把握するには 作業の流れ、工程間の手待ち時間・在庫数 の把握が必要

作業ルールの作成
1. 作業ルールとは 工程ごと 作業方法、作業時間、使用材料などを文書化したもの
2. 作業ルールに 熟練者のコツ、データ、図・写真を使う
3. 作業ルールのチェックリストを作成する
4. チェックリストにより、ルールに沿っているかチェックする
5. QCサークルなどにより、作業ルールを 改善する

標準作業を大きく改善する例
1. 設備投資(自働化設備など)
2. 設備のレイアウト変更(U字型レイアウトなど)
3. 製品の流す単位を小さくする(1個流しなど)
4. 手・足のムダな動作をなくす(動作分析)

自働化設備により、人の手作業を自働化する
1. 自働化設備の特徴は 『人の監視不要』『異常発生時に自動停止・自動復帰』


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_356876-1.html 医療経営(3)

posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

956 医療経営に役立つ製造業手法 6

6.標準作業のあらまし(1) 

標準作業とは インプットを合理的にする仕組み

合理的なインプットが 合理的なアウトプットにつながる

1. インプット(投入物)とは 4M
2. インプットの4Mとは 人、方法、材料、設備
3. 合理的なインプットとは ムリ・ムダ・ムラがないこと 
4. アウトプット(産出物)とは 製品の品質・コスト・納期
※医療経営の場合 製品は サービスと読み替えてください

標準作業設定の流れ
1. アウトプットのムリ・ムダ・ムラを抽出
2. インプットの現状分析(作業・時間分析)
3. インプットの改善案を検討
4. 改善案から 4Mを標準化する

アウトプットのムリ・ムダ・ムラの抽出方法
1. 検査による抽出
2. 顧客クレームによる抽出
3. QCサークルによる抽出など
※ 検査とは 検体検査の検査ではなく、サービスのチェック機能を意味します

インプットの現状分析・改善案検討の方法
1. ビデオによる 作業・動作の流れ、時間の測定
2. 不良発生工程の観察による 不良原因の特定
3. パレート図、特性要因図、層別による問題検証
4. 熟練者による 作業・動作のチェック
5. レイアウト変更、設備不良チェックなど

【編集後記】
5Sは、やって当然なので、これからが 医療経営に役立つ製造業手法の本丸です


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_365622-1.html 中小病院
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_364443-1.html 組織・人事


posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

955 医療経営に役立つ製造業手法 番外2

製造業において、在庫=悪 という考えがあります
製造業でいう在庫は 出荷(売上)できない完成品のみでなく、未完成の仕掛品など中間在庫も含まれています

これは 在庫をしてはいけない という意味より 流れを止めてはいけない という方が 近いです

医療経営でいうなら、窓口(予約、準備)→診療→検査→説明→窓口(負担金領収)→保険請求 など売上の一連のプロセスの中で 手待ち時間があってはいけない という意味に近いです

製造業の在庫管理手法を導入する際は 『在庫=業務の流れをとめるモノ、ヒト』と考える方が 違和感がないです


医薬品、部材、備品消耗品の在庫管理に困っても 5Sで解決できる

特に 整頓(どこに、何を置くか決めること、そのルールに沿って 置くこと・戻すこと)が 看板作戦などにより行われれば 大抵の問題は解決します

清掃を外部委託しているケースが多いので、在庫管理の改善について 気づきが失われているケースも考えられます

在庫管理で困ったら、ITやSPDなど完全外注より 5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を ゼロから見直すことをお勧めします


次回以降 業務の流れを とめない製造業手法を紹介します



他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_304881-1.html 小売・在庫

posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

954 医療経営に役立つ製造業手法 5

5.5Sのあらまし(2)

5Sの仕組みとして 赤札作戦、看板作戦等がある。5Sにより、なくすべきムダは
1. 不要物のスペースのムダ
2. 必要物を探すムダ、運ぶムダ

赤札作戦は 不要物を廃棄する仕組み。次の流れで行う
1. 赤札対象(在庫、設備、書類)を決める
2. 赤札ルール、廃棄ルールを決める
3. 赤札ルールに沿って、不要物に赤札を貼る
4. 不要物を 赤札置き場に移動する
5. 廃棄ルールに沿って、赤札置き場の不要物を廃棄する

看板作戦は 必要物を整頓する仕組み。次の流れで行う
1. 必要物を置く棚、必要物を運ぶ台車 を準備する
2. 棚のスペースごと 所在番地をつける
3. 所在番地ごと に置くモノ(品目)を決める
4. モノ(品目)ごと 先入れ先出しできるようにする 
5. モノ(品目)ごと 発注ラインに 青テープを貼る
6. モノ(品目)ごと 在庫上限に 赤テープを貼る

色別整頓は 色で整頓する仕組み
1. 白線表示(白テープ)により、置き場と通路など スペースを区画する
2. 色テープにより、同一種類のモノを区分けする


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_365622-1.html 中小病院
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

953 医療経営に役立つ製造業手法 番外

5S長続きのポイント
5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)は 苦痛を伴うため、長続きしない
5S長続きの主なポイントは 次の通り

1.社長率先
社長自ら5Sを率先。社長の机が一番汚いのでは 誰もやらない

2.全員参加
社長以下全員が5S活動に参加

3.報償金
懲罰より報償金。5S活動に懲罰不要

4.写真でビフォーアフター
5Sの効果をビジュアル化

5.他社見学
業種を問わず、5Sの行き届いている工場などを見学。すごいところは、やっぱりすごい

6.WEBカメラ
WEBカメラで監視。人を監視するというより、無秩序が広まるのを食い止める(割れ窓理論)

7.廃棄マニュアル
5Sのスタートは捨てること。書類の重要度に応じた廃棄年数決め、箱分け

8.会社のHPに公開
会社のHPに5Sの状態を公開。外部の目、応援は 励みになる

9.就業時間内の強制清掃
時間外でなく、労働時間として清掃。自主活動でなく、労働時間内なら指揮命令できる

10.発表会の定期開催
5S、提案活動の全社発表会など緊張の場があると、やらざるえない雰囲気になる

11.不要な本の売却
スペースをとりやすい書籍類を定期的に売却。古本は不要

12.事務用品の個人もち
会社備品だと大事に使わない

13.ペーパーレス
PDFなどデータ化

14.メール稟議(押印廃止)
押印書類の廃止。ハンコの慣習がなくなれば一気にペーパレス化がすすむ

15.事故、労働災害事例の研究
5Sの行き届いていない事業所は事故、修繕が多い


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト

posted by 川口市の医療専門税理士 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

952 医療経営に役立つ製造業手法 4

4.5Sのあらまし(1)

5Sとは 整理、整頓、清掃、清潔、しつけ のこと

1. 整理とは 不要なものを捨てること
2. 整頓とは 必要なものを所定の場所に置くこと
3. 清掃とは 掃除・点検をすること
4. 清潔とは 整理・整頓・清掃(3S)を維持すること
5. しつけとは ルールを守ること

5Sの留意点
1. 整理は 必要なものと不要なもの の区別から始める
2. 整頓は 所定の置き場所が 誰でもわかるようにする
3. 清掃は 掃除のみでなく、設備点検を行う
4. 清潔は 汚れる前に掃除する等により 3Sを維持する
5. しつけは 管理者主導でルールを周知徹底する

5Sの位置づけ
1. 企業は 5Sから崩れる(5Sは 企業体質)
2. 改善は 5Sから始まる(5Sは 管理の基本中の基本)
3. 標語・掛け声だけでは 5Sは定着しない

5Sの主な経営効果
1. スペース削減→倉庫料など経費削減
2. 探す時間の削減→残業代の削減
3. 運ぶ時間の削減→手間・労力の削減
4. 安全性の向上
5. 設備等の耐久性向上など

【編集後記】
M&Aの売り手企業、破綻状態にある企業を見ると、5Sが行き届いていないケースが多いです。会社の秩序は 5Sから崩れていくのだと実感しています

たとえコストが安くても、清潔を維持するために 清掃を外部委託することに 私は反対です。自分で清潔(3S)を維持して 初めて 気づくことは結構多いです

 
他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_366538-1.html 再生・清算(2)

posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

951 医療経営に役立つ製造業手法 3

3.小集団活動(QCサークル)のあらまし(2) 

小集団活動の流れ
1. (会社側)小グループの編成
2. (会社側)支援部署の設置
3. (小集団)リーダーの選出
4. (小集団)テーマ設定、活動計画の作成
5. (会社側)活動計画の承認
6. (小集団)活動計画に沿って活動
7. (会社側)活動支援
8. (小集団)活動報告、発表
9. (会社側)活動評価、表彰

テーマ設定が 活動普及のポイント。望ましいテーマは
1. 自身の業務に関するテーマ
2. 活動前と活動後で データ比較できるテーマ
3. 活動初期は 会社側がテーマ設定することも有効

活動支援・活動評価が 活動継続のポイント
1. 活動のマンネリ化防止策(活動支援・活動評価)が必要
2. 活動支援の例は 活動費・手当の支給、教育訓練補助
3. 活動評価の例は 活動発表会、表彰

小集団活動の効果
1. 組織目標の周知
2. 社内コミュニケーションの強化
3. 職員のモラール向上
4. リーダー育成

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_365622-1.html 中小病院
posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

950 医療経営に役立つ製造業手法 2

2.小集団活動(QCサークル)のあらまし(1) 

小集団活動とは 小グループ(職員5人〜10人)で行う 社内提案活動。小集団活動の取り組むテーマは
1. 品質の管理・向上(Q)
2. 日常業務の改善
3. コスト削減(C)、短納期(D)、安全管理(S)

小集団活動の基本となる理論
1. マズローの上位欲求(欲求5段階説のB以降)
2. マクレガーのY理論(X理論Y理論)

マズローの欲求5段階説のポイント
1. 人間は 欲求により、行動を起こす
2. 欲求には5段階あり、達成するほど上位欲求が強くなる
3. 欲求5段階は @生理 A安全 B集団に所属したい C他者から認められたい D自己を向上させたい 

マクレガーのX理論Y理論のポイント
1. X理論は 人間は指揮命令により行動する というもの
2. Y理論は 人間は目標を与えれば自主的に行動する というもの 

小集団活動の特徴
1. 全員参画(間接部門も含む)
2. ボトムアップ(職員主導の社内改善活動)
3. 活動発表会、報償制度、教育セミナーの実施

【編集後記】
自治体病院の改善で 民間経営手法として バランススコアカード(BSC)をコンサルタント主導で導入しているところが多いですが、絵に書いた餅であったり、幹部や事務系だけ(現場以外)積極的 と感じることが多いです。小集団活動の方が 全職員を取り込みやすいと思います


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_364443-1.html 組織・人事


posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

949 医療経営に役立つ製造業手法 1

1.異業種でも役立つ製造業の経営手法 

組織活性化&問題解決に役立つ手法
1. 小集団活動(QCサークル)
2. P(多品種化)Q(品質)C(コスト)D(短納期)S(安全)
3. JIT(ジャストインタイム)

問題発見&問題解決に役立つ手法
1. マネジメントサイクル
2. ヒト、材料、設備、手法の4M管理
3. QC7つ道具(パレート図、層別など)
4. 観察法による作業分析・動作分析(IE)

不良ゼロ化に役立つ手法
1. 整理・整頓・清掃・清潔・しつけ(5S)
2. ムダ・ムリ・ムラ(3ム)の排除
3. 流れ生産、平準化、多工程持ち
4. 標準作業、自働化、少人化
5. 源流検査、段取時間の短縮
6. カンバン、アンドン、赤札作戦、看板作戦
7. 品質保証

設備保全・安全に役立つ手法
1. TPM(総合生産システム)
2. 予防保全、改良保全など
3. チョコ停ゼロ対策
4. 安全のポカヨケ対策

他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
当事務所の士業連携の取り組みは http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/sub19.html

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_365622-1.html 中小病院

posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月09日

948 医療経営に役立つ製造業手法 序章

医療、介護ほかサービス業にも役立つ製造業の経営手法を紹介します
JIT(ジャストインタイム)、5S、小集団活動、QC7つ道具など 異業種でも役立つ製造業の経営手法を整理します

私自身 税理士の前は 小集団活動の研修を運営する会社に従事していました。その経験を活かして、異業種にも役立ちそうな経営手法を選びました


ドラッガー、ポーターより QC活動の方が 経営実務に役に立つと考えています
ドラッガーのマネジメント、ポーターのマーケティング理論、バランススコアカードより QC手法の方が 実務に役に立つと考えています

組織改善は 全員参画が基本であり、QC手法のわかりやすさ は 他の手法より 参画しやすいメリットがあるからだと思っています

特に 医療は 組織内コミュニケーションが上手くいっていないケースが多いので、定着率向上、モラール向上にも役に立ちます


製造業の経営手法は 不良退治に対する意識が強いです
製造業の不良とは 不良製品を意味しますが 医療経営における不良とは 医療事故、現金過不足、査定減、窓口未収金の不良、在庫不良を意味します

製造業の不良退治ノウハウを使って、これら医療経営の不良をゼロにする仕組みづくりを実現できます


不良ゼロは可能か という考え方について
ヒトは必ずミスをするので、不良はゼロにできない という考え方ではなく、ヒトのミスはゼロにできないが、不良はゼロにできる という考え方が 製造業の不良退治の根底にあります



【編集後記】
最近は QC活動を TQMと言って マネジメントを含める概念としているようですが、基本は同じだと思います


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

川口市医療専門税理士のHP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_356876-1.html 医療経営(3)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。