2014年09月06日

1551 士業連携で注意している点

地域の問題に複数士業チームで取り組む「川口市若手士業の会」、医療経営の士業連携「メディオール」の2つの士業連携に取り組んでいます


最低限のルールは 各々の独占業務を侵害しないことです
弁護士以外は弁護士業務は行わず、税理士以外は税理士業務を行わず・・・法律で独占業務とされている業務は お互い侵害しないことが 士業連携の最低限のルールと考えています

共通の業務範囲については 規制するより 紳士協定や共同作業で 乗り切るように工夫しています


顧客紹介のためでなく、プロジェクトチームです
交流目的や相互紹介目的の士業連携ではありません。複雑な問題に取り組むためのプロジェクトチームです

交流目的や相互紹介目的の士業連携は数多く存在しますが、結局は長続きしませんし、依頼主にとっても メリットがないと思っています


営業マンやコンサルタントとは 一線を引いています
営業マンやコンサルタントの利益誘導には乗りません。士業以外のメンバーとは組みません

法律に守られ、法律に規制される士業と仕事をしますが、何でもありの営業マン等とは 直接仕事はしません


posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

1480 地元企業にヒト、モノ、カネ、情報を集めるには

地元企業の縮小 と 都心大手企業の拡大、地域進出が進んでいる気がします
都心に ヒト、モノ、カネ、情報が 集まりすぎ、大手企業が 地域に進出しすぎです


地域(地元企業)に ヒト、モノ、カネ、情報を集めるためには
ヒトが モノを作り、
ヒトが カネを生み
ヒトが 情報を持ってくるので
ヒトを 地域(地元企業)に集める方法を 最初に 考えてみました



最近 成長企業を見て思うのは
コンプライアンスの整備された企業に 優秀なヒトが集まる時代なんだな ということです


人事制度、評価制度、改善活動、福利厚生など手段に取り組むより前に 経営者等のコンプラインス意識を高める方が 効果があると思います

優秀なヒトほど 経営者の能力的限界を見極めるのが早いです。業績好調の時は目につきませんが 業績が悪くなると 経営者のコンプライアンス意識の低さは一番目立つところです



地元企業にヒト、モノ、カネ、情報を集める策として

まずは 経営者、幹部を中心に 労働法務、ビジネス法務(取引、契約、消費者、個人情報保護、税法、会計ルールなど)をインプットして

コンプライアンスの土壌を作ることが 必要だと 考えます


川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/

posted by 川口市の医療専門税理士 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

1450 川口市若手士業の会主催で相続対策セミナーを行います

川口市の地域活動として 相続トラブル対策セミナーを行うことになりました

相続対策セミナーの内容
・遺言(講師 弁護士)
・贈与(講師 税理士)
・納税資金対策(講師 相続診断士)

セミナー会場、日時
平成26年5月9日 午後6時30分(受付6時15分)
JR川口駅西口前 リリア 5階
参加費 1000円(当日持参)

対象者
・相続に不安のある不動産オーナー、医師、歯科医師、中小企業経営者など
・そのほか 川口市の不動産事業者、葬祭事業者、介護福祉関係者も参加可です

↓↓お申し込みはこちらをクリックしてFAXよりお申し込み下さい↓↓
5月9日.pdf

士業セミナーなので 営業する気は ありません。お気軽にお申し込み下さい
主催者(川口市若手士業の会)のHP  http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

1424 川口市の経済(マーケット)成長のために出来ること

川口市の経済(マーケット)成長のために出来ること

川口市の経済が良くならないと 川口市の税理士は潤いません

自分の事業を成長させるには
川口市の経済を成長させるか 都心へ転出するか しかありません
もともと 都心でやってきたので、都心転出は容易ですが、生まれ育った川口市と共に成長することを 創業動機としています


今の川口市の経済は
・後継者不足による廃業
・経営改善ノウハウ不足による黒字倒産
・不動産の空き家化、空き地化など 

地域資源が活用されない 機会損失により 成長が阻害されています

マーケットの上澄みを 先輩や都心大手に抜き取られた後の 残りカスのようなもので、10年後の川口市のマーケットに 旨み(上澄み)は 望めません


そこで 成長阻害要因である
後継者不足、黒字倒産、相続トラブルを原因とする不動産の空き家化、空き地化を解消して

10年後の川口市のマーケットの上澄みを新たに作るために 川口市若手士業の会という 専門家集団を立ち上げました

川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/


現在 川口市等の金融機関、不動産会社に 顔を売って歩いていますが、今の仕事が欲しいわけではありません
10年後の利益を作り、シェアするために、取り組んでいます

この取り組みに失敗したら、医療専門税理士として、川口市のマーケットに見きりをつけて 都心転出して、こじんまり活動するつもりです

posted by 川口市の医療専門税理士 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

1401 川口市の不動産相続について無料相談受付中

川口市若手士業の会には
弁護士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士のほか 不動産鑑定士、土地家屋調査士も在籍しているため 

・相続トラブル
・相続税
・相続手続 のほか

・不動産の本当の価値
・近隣境界線
・測量
・借地借家
・空き地対策まで 幅広く対応できます


川口市の方は初回無料で相談受付中です
メールにて 相続相談を お申し込みください


メール申込の注意点
アドレス  zeiriyoshidama102090@gmail.com

受付窓口/吉田正一税理士事務所
相談場所/川口駅周辺(士業の会メンバー事務所)


相談料
川口市内の方  初回無料 (2回目以降 有料※)
川口市外の方  有料※
※有料 30分/5千円+消費税  60分/1万円+消費税

メール申込に際して 下記をお伝えください
1)名前、住所
2)相談内容
3)相談希望日時(候補3日以上) 
※ 常に複数の士業で相談を受けるとは限りません



吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
医療経営メルマガ http://www.mag2.com/m/0000267653.html

posted by 川口市の医療専門税理士 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

1391 「儲けるだけ」「大きくするだけ」の企業活動は長続きしない

儲けるだけ、大きくするだけ の企業は長続きしていません
企業再生、M&Aの現場にいると実感するのですが

「儲けるだけ」「大きくする」だけの企業活動では 一時的に 急成長しても すぐ減速して 一気に 衰退していきます(急成長した成功体験が、さらに 衰退スピードを速めます)

つまり 経営の目的を「儲けること」「大きくすること」と考えることは 逆の結果をもたらすことが多いです

むしろ 地域や社会への貢献と 自社の事業の発展を結びつけ、すべての職員に周知徹底させることが 企業生命を延ばすコツだと考えています 

ちなみに 上面だけ または 景気のいい時だけ 地域貢献を訴えても 私利私欲や虚栄心は 顧客(見込客、潜在客含む)、取引先、職員に すぐバレてしまいます


税理士として 地域貢献につながるような 新たな需要を創りたい
税務申告書を作成するだけでは、地域貢献になりません

私は Medioal(メディオール)、川口市若手士業の会、後継者不足の税理士承継の取り組みにより 地域に必要な事業(ローカルビジネス)を守ることが 士業の地域貢献 と考えています



他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
平成26年1月23日 in大宮ソニックシティ。テーマ「院長夫人の決算書の見方」。FAX申込はこちら→14.1.23 .pdf

吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
医療経営メルマガ http://www.mag2.com/m/0000267653.html


posted by 川口市の医療専門税理士 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

1390 予算と就業規則により 企業と職員のWinWin関係を目指す

仕事柄 企業目線(=経営者目線)に立っている税理士と
仕事柄 職員目線(=労働者目線)に立っている社労士が手を組めば

企業と職員のWinWin関係の仕組みを作れると考えています


税理士が慣れている 予算、決算書
社労士が慣れている 就業規則、出勤簿を使って

その仕組みを作りたい と思い企画しました



企画概要(流れ)
1.就業規則と予算を策定する
2.出勤簿と決算から検証する
3.検証結果から評価する


企画目標
・総資産利益率の増加
・職員一人あたり人件費の増加
・職員の総労働時間の削減



就業規則の役割
・問題社員には早く辞めてもらう
・優秀社員には長く働いてもらう
∴最少資本(ヒト、カネ)で最大利益を目指す


予算の役割
・部門長の責任利益を設ける
・新規採用、新規事業の時には事業計画の上 追加修正する
・予算以外のコスト発生を抑える


決算書の役割
・予算を検証する
・総資産利益率向上を検証する
・達成度、困難度に応じて 評価する


出勤簿の役割
・総労働時間削減を検証する
・予算の要員数と差異分析する
・小集団活動、カメラ観察と併用して作業を標準化する
・(疾病別)原価計算をする


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
平成26年1月23日 in大宮ソニックシティ。テーマ「院長夫人の決算書の見方」。FAX申込はこちら→14.1.23 .pdf

吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
医療経営メルマガ http://www.mag2.com/m/0000267653.html


posted by 川口市の医療専門税理士 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

1366 川口市の経営革新等支援機関として 序章

川口市の経営革新等支援機関として

経営革新等支援機関としての共通ノウハウを中心に
当事務所の取り組み、特徴を紹介します



紹介する経営革新等支援機関としての共通ノウハウ
・経営課題の整理
・事業計画の作成
・会計基準の策定
・資金調達の制度紹介


士業の役割
・地域の士業の役割は 地域を守ることです
・地域の問題は 地域内で解決すべきです

※ 私も都心勤務時代に 地域から仕事が多くきましたが、地域内の士業が解決した方が 地域人脈、地域資源を有効に活用できる と思っていました



当事務所の特徴
複数の経営革新等支援機関が在籍する
川口市若手士業の会 http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
を母体として、地元川口市において

ネットワーク型の経営革新等支援を行っていきます
特に 川口市の 事業承継(相続、M&A)、事業再生(経営改善) に特化しています


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


吉田正一税理士HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
医療経営メルマガ http://www.mag2.com/m/0000267653.html

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

1346 士業連携による病院の窓口未収金対策

病院において窓口未収金対策は最重要課題です

救急医療や災害医療、設備による最新専門医療などで 患者数や診療所からの紹介数が増えても 窓口未収金が増えたのでは キャッシュは回りません


税理士、社労士、弁護士等の士業チームによる病院の窓口未収金対策の例

・窓口業務の標準化、現金取扱チェックリストの徹底
・クレーム対応マニュアル、患者アンケート分析
・支払方法の多様化、患者への告知
・窓口担当者の接遇マナー教育、評価制度作成
・内容証明郵便など回収行動サポート


弁護士の督促文書だけでは窓口未収金は改善されません

窓口負担金を払わない理由は 患者の不満が 支払拒否に至るケースが多いです
患者の不満原因を絞り、そこを改善しないと 窓口未収は減りません

窓口体制のみでなく、医療(患者)サービス全体から 窓口未収問題に取り組みます


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ

【医療経営セミナー情報】
平成25年11月17日 in大宮ソニックシティ。テーマ「調査」。FAX申込はこちら→11.17.pdf

吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
川口市士業の会(相続・M&A) http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
医療経営メルマガ http://www.mag2.com/m/0000267653.html

 
posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

1332 士業連携による相続対策

相続対策のポイントは 費用対効果
トラブル発生確率が高いなら 対策費用は必要

トラブル発生確率が高いケース
・財産が多い
・家族構成が複雑

対策費用の高さを決めるのは 弁護士費用
公正証書遺言の遺言執行者に 弁護士がいると トラブルが長引かない

相続トラブルが生じてからの持ち出し、手間、不平等感を考慮すると、早くから 弁護士に依頼する方が安く済む


相続に不安はあるが、弁護士に依頼するほどでない と考えている場合 
弁護士と連携している 行政書士へ遺言執行人を依頼することが 費用が安く、トラブル発生時の弁護士移行も早いので 有効

証人に弁護士を入れることも有効
 

相続税対策のポイント
・相続対策と連動させること
・相続税対策より 相続対策を重視すること



相続対策は 弁護士 または 行政書士へ
相続税対策は 税理士へ が基本



川口市若手士業の会HP
http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月28日

1327 川口市若手士業の会 相続ワンストップサービスの流れ

生前対策のワンストップサービス
川口市若手士業の会(弁護士、司法書士、行政書士、税理士)による
遺言、財産管理、贈与、納税資金対策、任意後見サービス


具体的なサポートの流れ
1)相続人調査、相続財産調査
2)相続関係図作成、相続税試算、生命保険分析
3)遺言書作成、贈与契約書作成、贈与税申告、贈与登記


相続手続のワンストップサービス
川口市若手士業の会(弁護士、司法書士、行政書士、税理士)による
遺産分割手続、行政手続、登記手続、税務申告サービス


具体的なサポートの流れ
1)相続人調査、相続財産調査、相続資料収集
2)相続関係図作成、相続財産報告、遺産分割協議立会い
3)相続名義変更手続、相続税申告、相続登記


川口市限定で初回無料相談受付中です

まずは 下記へ連絡ください(相談希望日をお伝えください)
メール zeiriyoshidama102090@gmail.com
電話  048−225−1463


川口市若手士業の会HP
http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/index.html

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

1326 士業連携により 川口市の相続不安を軽減します

川口市の相続の不安、相続事務の負担を
川口市の士業(弁護士、司法書士、行政書士、税理士)が
ワンストップで軽減します


http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/serviceindex1007.html


相続の不安として
・相続を巡る親族トラブル
・高額な相続税負担
・認知症になったときの不安
・面倒な相続事務の負担 などがあります


特に
・不動産所得者様
・同族会社経営者様
・金融財産をお持ちの方
・複雑な家族関係(離婚、再婚等)の方 
 は早めに 相談ください


遺言、贈与、財産管理、成年後見などの制度を使って
相続の不安を軽減する策を提案して、実行します




川口市限定で初回無料相談受付中です


まずは 下記へ連絡ください(相談希望日をお伝えください)
メール zeiriyoshidama102090@gmail.com
電話  048−225−1463


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_302701-1.html 不動産(1)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_339695-1.html 不動産(2)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_307819-1.html 確定申告
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_332274-1.html 株・信託
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_370953-1.html ファンド

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

1325 士業連携により 川口市の相続をワンストップで対応

川口市若手士業の会の
相続ワンストップ サポートについて


川口市の相続を
川口市の士業(弁護士、司法書士、行政書士、税理士)が
ワンストップで対応します

http://www.ab.auone-net.jp/~ym102090/serviceindex1007.html


生前サポート
・遺言
・財産管理
・贈与
・納税資金対策
・任意後見

相続時サポート
・遺産分割手続
・行政手続
・登記手続
・税務申告


川口市限定で初回無料相談受付中です

まずは 下記へ連絡ください(相談希望日をお伝えください)
メール zeiriyoshidama102090@gmail.com
電話  048−225−1463


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/


この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_299483-1.html 相続アフター
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_299687-1.html 相続ビフォー(1)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_353947-1.html 相続ビフォー(2)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_303499-1.html 遺言・成年後見

posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

1271 士業連携による病医院の事務長育成

士業連携による事務長育成プロジェクト

事務長は 経営管理の要ですが
実際 事務長が 経営管理者として機能していないケースが多いです


その理由は
・社内で育成できない
・事務長を中途採用しても、自院になじまない
・取引先から引き抜いても、役に立たない などがあります


社内で育成できない理由は
・事務作業が多い(ムダな作業をやめられない)
・部下職員に仕事を委譲できない
・経営管理の知識が乏しい
・院長が事務長の経営参画を望まない が考えられます 


中途採用や取引先からの引き抜きが うまくいかない理由は
・経営の経験がないので 院長の経営判断をサポートする能力がない
・経験したもの以外のことは 受け入れない
・組織で孤立しやすい(コミュニケーションが下手) なことが多いです


出入りしているMR、医薬品卸営業、金融機関や会計事務所の担当者などを 事務長として引き抜くケースが多いですが 給与は高いわりに 専門業務以外は機能しません


事務長を 社内で 育成するために
医療専門の士業(税理士、社労士、弁護士)、コンサルタントと連携して、事務長育成プロジェクトを たち上げました



まずはセミナーから行っていきます
セミナーのテーマは

・財務(キャッシュフロー、決算書)
・経理(窓口管理、借入管理)
・人事(労務管理、給与計算)
・組織
・マーケティング です

 
セミナーだけでなく
医療専門の士業、コンサルタントが 期間を決めて 現場で初期指導しながら ルール、マニュアルを一緒に作りこんでいくことも 行います 


【医療経営セミナー情報】
平成25年9月5日 in大宮ソニックシティ。テーマ「コスト削減」。FAX申込はこちら→9.5.pdf
平成25年9月29日in大宮ソニックシティ。テーマ「節税」。FAX申込はこちら→9.29.pdf


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_378901-1.html 医療経営(4)


posted by 川口市の医療専門税理士 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

1247 士業連携による中小病院のコスト削減

士業・コンサルタント連携プロジェクトとして 病院のコスト削減に 最初に取り組みたいと考えています

病院コスト削減の目的

目的設定がコスト削減のポイントです

職員確保、職員教育、設備更新のうち 何に資金を投入すべきか目付けした後に コスト削減目標額を設定していきます

削減したコストを どこに投入するか
1.職員確保
2.職員教育
3.設備更新

職員アンケート、患者アンケートなどで 上記のうち どこに資金投入するか 優先順位を決めるのが 最初のポイントです


コスト削減プロジェクト期間
コスト削減プロジェクトは 3年くらいを目安に 仮説と検証を繰り返しながら 遂行します

一時的なコスト削減では すぐ 元に戻りますし、弊害が出やすいので 時間をかけるのが プロジェクトの特徴です


削減するコスト
1.業務、手間
2.スペース
3.運営経費
4.取引先(医薬品卸、検査、委託費)
5.給与(役員報酬、賞与、残業代)

上の順で コスト削減と その効果を 仮説しながら 院長判断により 実行します

その影響が 検証段階で 問題が生じたら 軌道修正します


医療サービスを削減することにも着手
・外来は 担当医別の原価
・入院は 入院計画ごとの原価 を集計することで

ばらつき(担当者によるサービスの違い)を なくし、最少サービスに合わせることにより コスト削減効果を得ることにも 着手します


コスト削減効果を長続きさせるポイントは 意識と知識
最初は 士業等連携チームの主導で行い

軌道に乗ったら 病院側に 委員会 や 小集団 をつくって ボトムアップ中心に進め、士業等連携チームは 検証・監視する役割にした方が 長続きします


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_365622-1.html 中小病院


posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

1246 医療専門の士業・コンサルタントとの連携と競合について

私自身は 税務申告の仕事には 将来性を感じていないので 職員を雇用して、自分の事務所を大きくしたいという欲求は あまりありません


むしろ 医療専門の士業、コンサルタント、営業者と プロジェクトチームを組んで 病医院の課題を解決すること に取り組んでいきたいと思っています

そこから 本業である顧問税理士業が 増えていけば いいと思っています


その中で 今 企画段階にあるアイデアは 次の通りです
・医院共同経営(2人院長制)の企画、運営
・医院FC(フランチャインズ)の企画、運営
・分院長(病医院施設管理者)の多角的評価
・患者、職員の不満足度調査
・患者クチコミサイトの運営
・後継者のいない病医院のM&A、MBO
・後継者のいない病医院の廃業コンサル
・職員解雇&コスト(経費、スペース、業務)削減
・疾病別原価計算(クリティカルパス)、外来担当医別原価計算


仕事として動いているものもありますが、私一人では 進まないものも多いので、医療専門の士業・コンサルタントと連携して 取り組んでいきます

私一人で儲けようとするより 医療専門の士業・コンサルタントを巻き込んで みんなでシェアする方が 付加価値が高く、継続性があることに気づきました

ただ 士業・コンサルタントの専門分野について 業際は競合せざるえないので、折り合いをつける か シェアの分配 で調整していく予定です



まずは 共同サイトの作成、戦略会議から 始めます

既に中心メンバーはいますが、興味のある士業、コンサルタントの方は 連絡下さい
メール zeiriyoshidama102090@auone.jp

単なる営業、専門性のない方、サラリーマンは お断りします


他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_369250-1.html 医療経営テキスト
posted by 川口市の医療専門税理士 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

1187 士業連携による事業承継(後継者不足の地元企業)サポート

地元企業の廃業は、1社だけにとどまらず 仕入先・売上先など直接・間接の取引先にも連鎖していき、地域経済全体に影響が広がっていきます

地域経済の衰退を食い止めたいことで利害が一致する 士業、金融機関、市町村の三者で連携して 後継者不足による地元企業の廃業を食い止めたい と考えています


後継者不足にある地元企業の事業承継とは
親族への事業承継のみでなく 取引先、同業者、社員等 への事業承継も 選択肢とします



なぜ 事業承継に士業が必要か
後継者が安心して事業承継するには 将来リスクの想定が必要です

将来リスクを想定するには 士業による 会計税務・キャッシュフロー・人事労務・賠償など法務・登記、許認可、手続もれ のチェックが必要です



士業・市町村・金融機関の連携
すでに 川口市(産業振興課)、地域金融(地方銀行・信金)、士業(弁護士、弁理士、社労士、司法書士、行政書士)とのネットワークづくりは済んでいます

行政・金融機関の 後ろダテ を持ちながら、実行部隊として 士業が事業承継を完結する体制を作りました



あとは 後継者不足にある地元企業からの相談を待つだけです

後継者不足の事業承継についての相談先
・川口市役所経済部産業振興課
・会員の場合 商工会議所
・メインバンク(埼玉県を中心とした地方銀行・信用金庫がベスト)
・現在の顧問税理士、顧問弁護士、顧問社労士
・当事務所 (メール zeiriyoshidama102090@auone.jp)


今の顧問関係を変えずに 予算に応じて 事業承継だけを実行する プロジェクト型の顧問を実行していきます


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/
posted by 川口市の医療専門税理士 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

1182 士業連携により親族以外に事業承継をする

オーナー企業の事業承継の後継者は親族親族以外のいずれかです
親族以外の後継者候補は社内社外(同業者・取引者)のいずれかになります


親族以外の後継者候補が決まったら、次の流れで実行されます
1.基本合意(契約) 
2.法務、労務、会計税務のデューデリジェンス(以下「DD」)
3.M&A・MBO実行(株売買契約、株主総会等)
4.登記、許認可、決算申告


仲介会社の資料と会計税務(税理士等のDD)で M&A、MBOが完結するケースも多いですが
予算が許す限り 法務、労務の複数士業の分業的なDDが必要だと思います


DD分野と各士業の役割
法務DDは 弁護士・司法書士が対応
労務DDは 弁護士・社会保険労務士が対応
会計税務DDは 公認会計士・税理士が対応


・法務DDの目的は 会社基礎情報の整理、将来の賠償トラブルのチェック、取引条件・不動産契約・借入契約のチェック等
・労務DDの目的は 将来の労働トラブルのチェック、既存の労働条件のチェック等
・会計税務DDの目的は 投資回収計算(税効果も含めた)、株価(企業価値)算定、粉飾決算・簿外債務等のチェック


アフターで問題になるのは 労務(ヒトの問題)です。財務数字や契約文書は見えるが、ヒトの動きは見えません

アフターで ヒトのトラブルが大きくならないように
・M&A、MBO事前の 労務DDを重視する
・プロジェクトチームを設けて 人事統合を強化する などの方法が有効です


posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

1181 士業連携により名義株式・少数株式を整理する

オーナー会社の事業承継や売却(M&A、MBO)で 問題になるのが 名義株主・少数株主の整理です
名義株主は 資本の払込はしていない 名義だけの株主をいい、少数株主は 資本の払込はしている 少数持分の株主をいいます 


名義株主、少数株主の整理には 法律、税金、資金調達面の問題があります
法律面は弁護士・司法書士、手続面は司法書士、税金面は税理士、資金調達面は金融機関が それぞれ解決に向けた提案をしながら連携して 名義株主、少数株主を整理します


予算に応じて次のいずれかの対応になります
・名義株主等が売却等を拒否した場合 弁護士しか対応できないので、初めから 弁護士が主導して整理業務を行う(こちらを推奨します)

・出来る所まで 司法書士・税理士が対応して、名義株主等が売却拒否の意思表示をしたときに 弁護士に移行する(意外と、すんなり行くことの方が多いので)



士業ごとの名義株式整理業務の例

【弁護士・司法書士】
名義株主の払込調査
名義株主への配当確認
名義株主へ株返還依頼
名義変更手続(承諾書作成)
株主名簿作成
株券不発行へ変更(定款・登記変更)
全部取得条項付き種類株式発行(定款・登記変更)


【税理士】
株価評価
株式売却・自己株式取得の提案
相続税・贈与税の提案
買い取り資金の金融機関等への相談
法人税申告書別表2修正


【編集後記】
税理士の顧問先から 複雑な経営問題が生じることが多いので 税理士が最初に主導するケースが多いのですが、士業連携のポイントは 非弁行為(弁護士以外やってはいけないこと)の絶対遵守、分業、予算に応じたリスク説明 だと思っています

士業連携の際は 法務系・労務系士業(弁護士、司法書士、社会保険労務士、行政書士)の業際に配慮しながら、他士業との人間関係より 顧問先のリスク回避を優先させています


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_299487-1.html 事業承継(1)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_335652-1.html 事業承継(2)
posted by 川口市の医療専門税理士 at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

1175 士業連携による取り組み

今の顧問税理士等では、答えを出せない問題(後回しにしている問題)の解決を目指します



士業でプロジェクトチームを組み 複雑な経営問題に対応します
現在の顧問関係とは別に 士業でプロジェクトチームを組み、経営問題の解決を目指します
経営問題を解決したら(または契約期限が終了したら) 契約を終了させます



プロジェクトメンバー(士業)
・弁護士(法務・労務)
・社会保険労務士(労務・社会保険)
・司法書士(登記)
・行政書士(許認可)
・税理士(税務・財務)

経営問題と予算に合わせて、士業の組み合わせ、人数を 提案します



複雑な経営問題とは
・廃業整理
・企業再生、経営改善
・親族への事業承継
・事業承継に伴う相続トラブル
・親族外の承継(M&A、MBO)
・少数株主、名義株主の整理
・役員解任、定款、機関設計
・企業不正、ルール整備




現在の顧問関係(顧問税理士等)とは 分離したプロジェクトチームです
短期的・時限的な契約関係のメリットを生かして リーダ以外 誰の指揮命令も受けません。過去のしがらみ、慣習と切り離して行動する 問題解決型のプロジェクトチームです

現在の顧問関係を奪うつもりもありませんが、企業再生の場合 いったん 固定費削減のため 契約解除して 再生後に再契約を検討いただくケースもあります



プロジェクト内容
・プロジェクトリーダーは 経営者、後継者
・プロジェクト期間(契約期間)は 1年〜3年
※契約時に 解除事由・月報酬・打合せ日時は決める予定



他に医療経営に役立つブログはこちら
にほんブログ村 病気ブログ 医療情報へ


埼玉県川口市/草加市/蕨市/戸田市/越谷市/八潮市/さいたま市/東京都北区/足立区/板橋区/荒川区/墨田区/中央区/千代田区/台東区等の医療法人の税理士 吉田正一HP http://www.ac.auone-net.jp/~ym102090/

この記事を読んだ方は 次の記事も参考になります
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_346276-1.html M&Aアフター(2)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_366538-1.html 再生・清算(2)
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/cat_335652-1.html 事業承継(2)

posted by 川口市の医療専門税理士 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

892 弁護士事務所の総合事務所化のポイント

弁護士事務所が総合事務所化を図るポイントは 税理士業務に参入するかどうか

弁護士事務所の税理士業務の参入について
1.税務申告書の作成、税務調査に自ら対応するのは ハイリスクハイリターン
2.税務申告書の作成、税務調査の対応は税理士に任せるのは ローリスクローリターン

会計、労務、登記だけを行う総合事務所に旨みはない。税理士登録をして、税理士業務に参入することが 総合事務所として差別化につながる


弁護士事務所の税理士業務参入のハイリスクとは
・税務調査などで判明したミス判断により、税理士賠償責任を負う
・脱税指導、自己脱税、名義税理士行為などにより、業務停止処分を受ける
・業務停止処分は 国税庁HPに公開され、弁護士事務所の信用が低下する

※名義税理士行為とは 職員(元 会計事務所の職員などを雇用して)が申告書を作成して、税理士登録をした弁護士は署名するだけの行為


弁護士事務所の税理士業務参入のハイリターンとは
・会計業務(記帳代行)、決算料、税務調、給与計算、年末調整などの作業報酬

リスクのわりには リターンが少ないように見えるが、税理士報酬は固定報酬であり、収益が長期安定するという意味では ハイリターン 


弁護士事務所が 税理士業務に参入する場合 顧問のスタイルが違うことに注意
税理士事務所の月次顧問は 訪問型顧問が基本
税理士事務所の月次顧問は 顧問先からの相談を待つのではなく、顧問先に毎月訪問し、資料確認と顧問先との対話を繰り返しながら、試算表・決算書・税務申告書を作成するスタイル

訪問型月次顧問のメリット
1.予防策を提案できる
2.インフォームド・コンセントが図れる
3.成果(決算書・申告書)に対して 対策がうてる


遵守すべき税理士法
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/10624260.html


【編集後記】
弁護士主導の総合事務所が最も成功しやすいと考えています。組織化が進んでいる税理士主導の総合事務所も存在しますが、手続き主体になりやすく、ワンストップといえるほど幅広いサービスを提供できないので。


posted by 川口市の医療専門税理士 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

891 弁護士事務所の総合事務所化サポートについて

弁護士事務所の総合事務所化をサポートします

組織化した弁護士法人に対する競争戦略として、個人事務所の総合事務所化を提案します
弁護士事務所が主導する総合事務所なら 個人事務所の密着性を維持しながら、幅広いワンストップサービスを展開することが可能だと考えています


弁護士事務所の総合事務所化に際し、次のサポートを行います
1.会計業務(記帳代行業務)の参入サポート
2.会計業務を行う法人の買収、管理、教育サポート
3.申告、税務調査など税務申告業務サポート
4.他士業事務所の囲い込みサポート

当事務所のフィーは業務責任に応じて、税務顧問契約や監査役等契約により決められた範囲で請求します。契約は法律のプロである皆さんにお任せします


地域で活動する弁護士が増える中、弁護士事務所の差別化戦略&法人顧問の獲得戦略として 総合事務所化が有効だと考えています

地域住民、地域企業の法律相談、労務相談、税金相談にワンストップで対応できる総合事務所つくりは 税理士、弁理士登録できる弁護士なら サポートさえあれば可能です


そのほかの留意事項について
1.名義税理士行為はしません
2.脱法行為はしません。脱税顧問先は当事務所から解除します
3.弁護士法人の依頼は受けません(個人事務所のみ)
4.税理士法人なりを希望する場合 責任に応じた利益配分を協議します


遵守すべき税理士法
http://blogs.dion.ne.jp/yoshidama102090/archives/10624260.html
posted by 川口市の医療専門税理士 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 士業連携の取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。